腹筋ローラーの進化形?スリムトレーナーのベアリング付きがスゴい

当ブログの人気記事の中に「腹筋ローラーの使い方」というものがあります。

腹筋ローラーとは、手軽に体幹を鍛えることのできるトレーニング器具なのですが、簡単な構造をしているため「どれを買っても同じ」という思いがありました。しかし、考えを改めざるを得ないローラーを発見したため記事にしていこうと思います。

スポンサーリンク

ベアリング付きのスリムトレーナーがスゴく効く。

今回紹介するのは、Soomloomが販売している「Soomloom 腹筋ローラー ベアリングが付」という商品です。日本語が多少怪しくはあるのですが、スゴく面白い腹筋ローラーだと思います。

img_3432

簡単に説明するならば、従来の腹筋ローラー(スリムトレーナー)の回転軸部分にベアリングが使われており、回転による摩擦を軽減することによって「腹筋に対する負荷が強くなる」という仕組みです。

img_3434

ベアリングが使用されていることで、通常の腹筋ローラーとは商品スペックに違いがあります。上の画像はパッケージの構造図、下の画像は実際のベアリング部分です。

img_3436
  • サイズ:グリップ幅32cm・ホイール直径14.5cm
  • 重さ:760g
  • 耐加重:200kg

ベアリングが組み込まれていてこの値段ですので、当然、ベアリングの性能には期待がもてないのですが、驚くべきは「ベアリングの有無による使い心地の違い」です。はっきりいって別トレーニングのように感じます。

img_3442

ただ、注意してほしいポイントとして「回転軸の摩擦が少ないため初心者には危険かもしれない」という点があります。強すぎる負荷に耐えられずに怪我をしてしまうリスクが向上してしまうのです。

  • 顔面を強打してしまう可能性がある。
  • 腰を痛めてしまうリスクが高くなる。

「顔面を強打する」「腰を痛めるリスクがある」というのは、従来のスリムトレーナーでも同様のことが言えますが、多少、ベアリング無しのスリムトレーナーよりもリスクが大きい程度に考えてください。

使い方の詳細に関しては従来の腹筋ローラーと同じですので、「腹筋ローラーの使い方」に関する記事を参考にしていただければ幸いです。

腹筋ローラーの使い方「膝コロ」と「立ちコロ」の基本フォーム

2016.07.26

いずれにしても、従来のスリムトレーナーに対して「効きにくい」「もっと負荷を強くしたい」などの不満点があるのであれば、試してみる価値は十分にあると思います。

【まとめ】今のところ買って良かったと思っています。

低価格でありながらベアリングを使用していますので、使用期間が長くなるほどに「摩擦が大きくなる」ことは避けられないと思います。しかし、「買って良かった」と思えているのは正直な感想です。

使用期間による強度に関しては追記していきます。

もし、従来の「スリムトレーナーでは負荷が足りない」「ローラーの回転をスムーズじゃないのが不満」などの思いがあるのであれば、心からおすすめしたいトレーニング器具だと感じています。

スポンサーリンク

【iHerb】おすすめのサプリメント

栄養管理は、”食事から”であることが基本です。しかし、慌ただしい毎日の中で”完璧な栄養管理”を目指すことは、精神衛生上よくありません。
必要最小限、「サプリメントに頼っても良いのでは?」と考えています。

以下、(僕にとって)優先順位の高いサプリメントを表記します。

※60ドル以上で佐川急便、ヤマト運輸の送料が無料になります。
※合計15500円を超えると関税がかかります。

【MYPROTEIN】とにかく安いプロテイン

プロテインはゴールドスタンダードを購入することが多いのですが、とにかく安いプロテインを探しているのであれば”マイプロテイン”をおすすめします。

頻繁にセールを実施していますので、25~30%offを狙って購入してください。

※7500円以上で送料が無料になります。
※合計15500円を超えると関税がかかります。
※アフィリエイトリンクです。利用していただけると助かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。