ブレンダーボトルのレビュー「ダマになりにくい」のでプロテインとカーボなどに

ダマになりやすいプロテインを使用している場合や、プロテインとカーボパウダーを混ぜて飲む場合には「溶けにくさ」に対して、イラッとすることも少なくないはずです。特に、ソイプロテインやマルトデキストリンは溶けにくいですよね?

そこでおすすめしたいのがブレンダーボトルです。

スポンサーリンク

プロテインシェイカーにはブレンダーボトルがおすすめ

ブレンダーボトルとは、ブレンダーボール(スプリングボール)が攪拌を補助することによって「キレイに攪拌することができるプロテインシェイカー」です。短時間で溶かしきることができるので泡立ちも少なくて済みます。

サイズは20、22、28オンスなどがあり、目的に応じて選ぶことができます。

22オンスシェイカーと28オンスシェイカーの画像

22オンスシェイカーと28オンスシェイカーの画像

また、100、150cc容器をセットできるタイプもありますので、外出先などで複数回プロテインを摂取しなければいけない人にとっては使いやすい構造をしています。

アイハーブ:Sundesa, ブレンダーボトル Prostak, ブルー, 22オンス

別容器付きのブレンダーボトル

別容器付きのブレンダーボトル

過去に「プロテインの持ち運び方」の記事を書いたことがありましたが、外出先でプロテインを摂取する回数が2回以下であれば、別容器付きのブレンダーボトルが適しているかと思います。

プロテインの持ち運びには「粉ミルクストッカー」や「ジッパー式ポリ袋」
適切なタイミングで「良質なタンパク質」を摂取するために、サプリメントとしてのプロテインを活用している人は少なくありません。 しかし、生...

ブレンダーボールが攪拌の補助をしてくれる

ブレンダーボトルは、ブレンダーボールと呼ばれるスプリングボールが攪拌の補助をしてくれるシェイカーです。構造は単純なのですが、ブレンダーボールがあることによって短時間でキレイに攪拌することができます。

ブレンダーボール(スプリングボール)が画像

ブレンダーボール(スプリングボール)が画像

もちろん、「ブレンダーボトルさえ使っていれば完璧に溶かしきることができる」とは言い切れません。開封後、時間の経ってしまったソイプロテインなどは溶かしきれないことがありました。

しかし、一般的なシンプルなプロテインシェイカーと比較すれば雲泥の差ですので、使わない理由にはならないと思います。

構造が複雑になる割には衛生的に使える

シンプルなプロテインシェイカーと比較すれば、多少、複雑な構造となります。そこで心配になるのが、「洗いやすいのか?」「衛生的に使用できるのか?」という問題かと思います。

僕自身、「洗いにくそう」だという思いから、ブレンダーボトルの購入を躊躇していた時期があります。

ブレンダーボトルの内側の画像

ブレンダーボトルの内側の画像

しかし、心配していたようなことはありませんでした。

ゴムパッキンなどが使われているわけではありませんので、変色やカビの心配はありませんし、ボトルの内側やブレンダーボールは汚れが落ちやすい材質であるため、軽く洗っただけでも衛生的に使用できています。

欠点がないわけではないがメリットの方が大きい

ここまで、ブレンダーボトルを絶賛してきましたが、欠点がないわけではありません。特に気になる点が「口が固いので締めにくい」「国内で購入すると高い」という2点です。

ブレンダーボトルの飲み口の画像

ブレンダーボトルの飲み口の画像

ブレンダーボトルには漏れ防止のゴムシールが使われていませんので、飲み口の開閉などには力が必要です。初めて使用する人の中には「開閉の堅さに不満を感じる」こともあるかと思います。

しかし、しっかり締めれば漏れることはありませんし、ゴムシールなどが使用されている製品のように汚れやカビに悩まされる心配がないことを考慮すれば、開閉の堅さは許容範囲だと感じています。

プロテインとブレンダーボトルの画像

プロテインとブレンダーボトルの画像

2点目の「国内で購入すると高い」という点ですが、アイハーブなどで購入すれば700円前後で購入できるブレンダーボトル(20オンスの場合)も、Amazonや楽天で購入すると1400円ほどしてしまいます。

ブレンダーボトルの購入を考えているのであれば、プロテインなどを購入するタイミングで同時に購入すれば送料がかかりませんのでおすすめです。(アイハーブであれば40ドル以上で佐川急便の送料が無料になります)

アイハーブ:Sundesa, クラシックブレンダーボトル、ループ付き, ブラック, 28 オンスボトル

アイハーブ:Optimum Nutrition, 100% Whey Gold Standard, Banana Cream, 5 lbs (2.27 kg)

【まとめ】かなり使えるブレンダーボトル

購入したプロテインが混ざりにくかったり、泡立ちが気になるのであれば、ブレンダーボトルを試してみることをおすすめします。付属容器(ピルケースなど)が付属しないタイプのものであれば1000円以下で購入できます。

飲み口の開閉には多少の戸惑いを感じる可能性がありますが、しっかり締めれば漏れることはありません。

スポンサーリンク

フォローする

iHerbで買えるおすすめサプリ!

栄養管理の基本は「食事から」です。しかし、忙しい毎日の中で「管理された食事」を目指すことは、精神衛生上よくありません。
最小限、「サプリに頼っても良いのでは?」と考えています。

まず、食事の延長線として考えて欲しいのが、プロテインとカーボパウダーです。プロテインはタンパク質、カーボパウダーは糖質ですので、トレーニング後の摂取で「速やかな回復と筋合成」を促すことができます。

【ホエイプロテイン】

【カーボパウダー】

次に、ベースサプリメント。運動習慣のある人は多くの栄養を消費しますので、意図的に栄養素を摂取する必要があります。特に重要だと考えているのが、マルチビタミン&ミネラルとフィッシュオイルです。

【マルチビタミン&ミネラル】

【フィッシュオイル】

最後にヘルス・オプショナルサプリメント。

栄養補助目的ではなく、プラスアルファの効果を狙って摂取するサプリメントです。必須ではありませんが、BCAAは筋肉の成長を促し分解を抑制しますし、プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)はトレーニングの質を保つことにつながります。

【BCAA(分岐鎖アミノ酸)】

【プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)】

プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)に馴染みのない方も多いかと思いますが、単純に説明するなら「(すごく)効果のあるエナジードリンク」だと考えてもらえればよいかと思います。

※60ドル以上で佐川急便・ヤマト運輸の送料が無料です。
※合計15500円を超えると関税がかかります。

今、とにかく安いのがマイプロテイン

【コストパフォーマンスに優れたプロテイン】