筋トレ後の眠気は「交感神経と成長ホルモン」の影響である可能性

筋トレ後、あまりにも強い眠気に襲われて「立っているのも辛い状態」になることはありませんか? 堪えることが難しいような強烈な眠気であることから「放っておいて大丈夫なのか?」と不安になる方も少なくないと思うのです。

僕自身、普段と違ったトレーニングを実施すると「強い眠気に襲われる」ことがありますが、自宅トレーニングですので、車の運転などがないので助かっています。

では、どうしてトレーニング後に眠気が襲ってくるのでしょうか?

スポンサーリンク

「自律神経」と「成長ホルモン」が睡魔の原因

筋トレ後に眠くなるのは、自律神経と成長ホルモンの作用による問題が考えられます。

副交感神経と成長ホルモンが眠気を誘発する可能性

副交感神経と成長ホルモンが眠気を誘発する可能性

前者は副交感神経が優位になることで眠気が誘発されるため、後者は成長ホルモンの作用によって眠気が誘発されるためだと推測されます。

  • 副交感神経
  • 成長ホルモン

「推測されます」と書いたのは、正確な仕組みが分かっていないためです。

筋トレ後は「交感神経優位から副交感神経優位へ」切り替わる

筋トレは交感神経を優位にさせます。交感神経は「活動のための神経」とも言われ、筋肉の活動に適した条件を作り出す働きがあります。運動に必要のない活動を抑制し、血流やエネルギー供給を促すのです。

筋トレ後は、副交感神経が優位になる傾向にあります。

副交感神経は「リラックスのための神経」とも言われ、心拍数や血圧などを抑制し、消化管活動を活発にします。

交感神経と副交感神経は綱引きをしているような関係性

交感神経と副交感神経は綱引きをしているような関係性

自律神経である交感神経と副交感神経は「綱引きをしているような関係」にあり、ひとつの臓器を二重に拮抗的に支配しています。どちらかが優位になるとすぐさま臓器に影響を与えることになります。

トレーニング後は交感神経から副交感神経への急激なシフトが行われますので、心拍数や血圧、体温などが下がることにより「強い睡魔に襲われるのではないか?」と推測されます。

副交感神経は、夜間から夜明けにかけて活動が活発になるので、「夜間の神経」といえるでしょう。

引用元:當瀬規嗣「よくわかる生理学の基本としくみ」P220より

夜になるから眠くなるのではなく、夜になり副交感神経が優位になるから眠くなるとも言えます。「卵が先か鶏が先か」のような話になってしまいますが、筋トレ後に眠気が強くなるのは不思議なことではないと言えるのではないでしょうか?

運動によって分泌される「成長ホルモン」は睡眠を誘発する?

成長ホルモン(GH)とは、下垂体前葉から分泌されるペプチドホルモンです。その名の通り「成長促進作用」があり、成長やアンチエイジングとは切っても切れない深い関係性のあるホルモンです。

筋トレによって成長ホルモンの分泌が促される。

筋トレによって成長ホルモンの分泌が促される。

トレーニングによって化学的ストレスがかかると、成長ホルモンの分泌が促されることが知られています。その他にも、睡眠時(特に除波睡眠)や低血糖、ストレスなどの刺激などによっても分泌が促されます。

除波睡眠時(深い眠りへの移行時)に成長ホルモンの分泌が促されることが確認されていますが、「睡眠時に成長ホルモンが分泌されているのか? 成長ホルモンの分泌時に深い眠りへ移行していくのか?」は分かっていません。

しかし、「成長ホルモンが眠気に何らかの影響を与える」ということは確かなようです。

【まとめ】筋トレ後に眠くなるのは正常な反応である可能性が高い

筋トレ後に眠くなるのは、「自律神経が副交感神経優位になるため」「成長ホルモンの分泌が促されるため」という2つの要因が考えられますが、いずれの理由も”推測”の域をでません。

しかし、筋トレ後に眠くなるのは異常なことではありません。

あまり神経質にならずに「眠くなったら寝る」「トレーニング後に眠れないのであれば、トレーニングの時間をずらす」など、ライフスタイルに合わせた対処をすることがポイントになります。

スポンサーリンク

フォローする

iHerbで買えるおすすめサプリ!

栄養管理の基本は「食事から」です。しかし、忙しい毎日の中で「管理された食事」を目指すことは、精神衛生上よくありません。
最小限、「サプリに頼っても良いのでは?」と考えています。

まず、食事の延長線として考えて欲しいのが、プロテインとカーボパウダーです。プロテインはタンパク質、カーボパウダーは糖質ですので、トレーニング後の摂取で「速やかな回復と筋合成」を促すことができます。

【ホエイプロテイン】

【カーボパウダー】

次に、ベースサプリメント。運動習慣のある人は多くの栄養を消費しますので、意図的に栄養素を摂取する必要があります。特に重要だと考えているのが、マルチビタミン&ミネラルとフィッシュオイルです。

【マルチビタミン&ミネラル】

【フィッシュオイル】

最後にヘルス・オプショナルサプリメント。

栄養補助目的ではなく、プラスアルファの効果を狙って摂取するサプリメントです。必須ではありませんが、BCAAは筋肉の成長を促し分解を抑制しますし、プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)はトレーニングの質を保つことにつながります。

【BCAA(分岐鎖アミノ酸)】

【プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)】

プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)に馴染みのない方も多いかと思いますが、単純に説明するなら「(すごく)効果のあるエナジードリンク」だと考えてもらえればよいかと思います。

※60ドル以上で佐川急便・ヤマト運輸の送料が無料です。
※合計15500円を超えると関税がかかります。

今、とにかく安いのがマイプロテイン

【コストパフォーマンスに優れたプロテイン】