筋トレが続かない方が「継続できるようになる」ためのコツ

筋トレの効果を実感できるようになるためには、時間がかかります。どんなに優れたトレーニングメニューであったとしても、続けられなければ、体型(スタイル)を変化させることはできません。

では、どうすれば続けられるようになるのか?

【画像補足】体重70.2kg・体脂肪率18.1%・ウエスト85cm、トレーニング再開前の画像。

スポンサーリンク

筋トレを続けられるようになる方法

筋トレを続けられないのには、いくつかの原因が考えられます。

  • 予定通りにできないことへの苛立ち
  • 空いた時間にトレーニングをしようとする甘い考え
  • 気持ちの切り替えが苦手でトレーニングに集中できていない

新しいことを習慣化させるには、苦痛を伴います。

行動したことに対しての反応がないと不安が大きくなる。

特に、筋トレの場合は「行動に対する結果」がすぐには表れませんので、「このまま続けるべきか?」という不安感にさいなまれることも少なくないはずです。

関連記事筋トレの期間は「2~3ヶ月やらなければ変化がない」とされている理由。

予定通りできなくても気にしないこと

予定通りにトレーニングを消化できないことは珍しくありません。

大切なのは「できなかったことに対して苛立つこと」ではなく、1週間から10日ほどトレーニングができなくても「大きな影響はない」ことを知ることです。

そもそも、1週間から10日ほどで極端に筋力が落ちることはありません。多少落ちる可能性はありますが、誤差の範囲内ですので、次回以降のトレーニングで簡単に挽回することができます。

ディトレーニングを組み合わせた場合の成長曲線

ある研究では、「トレーニングを継続したグループ」と、「6週間のトレーニングと3週間のディトレーニング(休息期)を繰り返したグループ」との間に、大きな差がみられなかったことが確認されています。

仮に、仕事や学校が忙しく「数週間トレーニングができない状態」があったとしても、気に病む必要はないのです。

トレーニングを前提とした生活スタイルにすること

トレーニングを継続するためには「トレーニングを前提としたライフスタイル」にすることがポイントです。

トレーニングの優先順位を上げるということです。

一般的に、トレーニングの優先順位は決して高いものではありません。「仕事が早く片づいたらトレーニングしよう」「週末に予定がなかったらトレーニングしよう」などと考えてしまうものです。

トレーニングの優先順位(OK例・NG例)

しかし、それでは「続きません」よね?

筋トレを始めるのであれば、まずは「最初の2~3ヶ月間だけはトレーニングを優先させた生活」を心がけてください。真面目に2~3ヶ月間のトレーニングを実施すれば、必ず「見た目が変化」します。

小さな変化でもかまいませんので「筋トレによる成功体験」を経験できれば、トレーニングの継続は難しいことではなくなります。

気持ちの切り替えをできるようになること

筋トレを続けられない原因とは「直接的な関係がない」と考えてしまいがちですが、「気持ちの切り替えが苦手」な方は、新しい行動を習慣化させることが困難である傾向にあります。

気持ちの切り替えができないからこそ、せっかくの時間を無駄にしてしまうのです。

気持ちの切り替えを上手くできるようになる方法

気持ちの切り替え(集中力の切り替え)は、だれもが練習によってスキルアップすることが可能です。

  1. 筋トレをするとき、ジムに1冊の本を持っていく。どんな本でもいいが、次の展開を早く知りたくなるような本がおすすめ。
  2. 筋トレメニューの1セット目を集中して行う。
  3. 終わったらすぐに、インターバル(60~90秒で設定)の間に本を読む。90秒で読める分量は、だいたい文庫本2ページ分。2ページ読んだら本を置く。
  4. すぐに筋トレ2セット目を集中して行い、終わったらまた2ページ読む。

引用元:中野ジェームズ修一「かしこい体の鍛え方」P70

この書籍で紹介されている方法は「筋トレと紐づけされている練習方法」ですが、他のジャンルにも応用の効く練習方法ですので、取り入れやす方法で試してみてください。

「全力で遊べる人には、仕事ができる人が多い」とされています。これは、「遊びと仕事での集中力の切り替えができている」からであり、それぞれのシーンで集中力の切り替えができているためです。

筋トレは続けたもの勝ち

筋トレを続けられるように(挫折しないように)なるためには、「計画通りできなくても気にしないこと」「筋トレを生活パターンに組み込むこと」「気持ちの切り替えのトレーニングをすること」の3点がポイントになります。

まずは「続けること」を優先させてください。

「8RM3SET」「一部位につき週2~3回のトレーニング頻度」など、理想(効率的)とされているファクターは複数ありますが、習慣化させることができなければ意味がありません。

完璧を目指すのではなく、「できる範囲で続けること」が大切です。

スポンサーリンク

【iHerb】おすすめのサプリメント

栄養管理は、”食事から”であることが基本です。しかし、慌ただしい毎日の中で”完璧な栄養管理”を目指すことは、精神衛生上よくありません。
必要最小限、「サプリメントに頼っても良いのでは?」と考えています。

以下、(僕にとって)優先順位の高いサプリメントを表記します。

※60ドル以上で佐川急便、ヤマト運輸の送料が無料になります。
※合計15500円を超えると関税がかかります。

【MYPROTEIN】とにかく安いプロテイン

プロテインはゴールドスタンダードを購入することが多いのですが、とにかく安いプロテインを探しているのであれば”マイプロテイン”をおすすめします。

頻繁にセールを実施していますので、25~30%offを狙って購入してください。

※7500円以上で送料が無料になります。
※合計15500円を超えると関税がかかります。
※アフィリエイトリンクです。利用していただけると助かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です