お腹が空いて眠れない場合、ダイエット中であっても太り難い夜食メニューとは

夜遅くに食事(夜食)を摂ると、代謝機能が落ちていることや、体脂肪として蓄えようとする作用が強くなることからも普段以上に太りやすくなるというのは明らかです。しかし、仕事で帰宅が遅くなったり、お腹が空きすぎて眠れないこともありますよね?

そこで今回は、夜遅くに食事を摂取する際の注意点についてレポートします。

スポンサーリンク

夜食を食べる際の注意点

理想的には夜食を食べずに寝てしまう、もしくは、プロテインなどの高タンパク低カロリーなサプリメントを摂取することです。それでなければ、胃腸の負担にならない低カロリー食品で空腹を紛らわすことがポイントとなります。

夕食が遅くなる場合の食事メニュー

夜遅くの夕食(具体的には21時以降)では、炭水化物と脂質を減らして、適度なタンパク質と野菜を中心とした食事を摂取することがポイントになります。

意外に感じるかもしれませんが、夕食が遅くなる場合でもたんぱく質の摂取は必要不可欠です。たんぱく質は体を修復するための材料になる栄養素ですので、不足することのないように注意してください。

  • 炭水化物と脂質は極力減らすこと
  • たんぱく質は大豆製品がおすすめ
  • 野菜や海藻類でビタミン・ミネラルを補給すること

野菜や海藻類は、ビタミン・ミネラルなどの微量栄養素を摂取できるばかりでなく、豊富な食物繊維によって血糖値の上昇を穏やかにしてくれるので、積極的に摂取したい食品です。

24時を過ぎたら飲み物だけにする

日付が変わってからの食事は、どれだけ注意していても内蔵機能に負担がかかります。可能であれば、ホットミルクやホット豆乳など、消化がよく内臓に負担のかからないものにする必要があります。

また、ホットココアなどもおすすめです。ココアには食物繊維が豊富で、カカオポリフェノールによる抗酸化作用や中性脂肪、コレステロールの低下にも役立ちます。どちらにしても、脂質や糖質の少ないタイプの牛乳・豆乳・ココアを選択する必要がありますので、食品成分表は要確認です。

【まとめ】夜食で太らないために

大豆食品、海草、きのこ類を積極的に活用する

夕食が遅くなったり夜食を食べる場合には、大豆食品・海藻類・キノコ類を積極的に使った低カロリーながら栄養素が豊富なメニューを心がけること。

日付が変わったら食事はしないこと

基本的には日付が変わってからの食事はしないこと。眠る直前の食事は睡眠の質にも影響を及ぼします。どうしても眠れない場合は、豆乳やココアなど内臓に負担のかからないものを選びましょう。

スポンサーリンク

【iHerb】おすすめのサプリメント

栄養管理は、”食事から”であることが基本です。しかし、慌ただしい毎日の中で”完璧な栄養管理”を目指すことは、精神衛生上よくありません。
必要最小限、「サプリメントに頼っても良いのでは?」と考えています。

以下、(僕にとって)優先順位の高いサプリメントを表記します。

※60ドル以上で佐川急便、ヤマト運輸の送料が無料になります。
※合計15500円を超えると関税がかかります。

【MYPROTEIN】とにかく安いプロテイン

プロテインはゴールドスタンダードを購入することが多いのですが、とにかく安いプロテインを探しているのであれば”マイプロテイン”をおすすめします。

頻繁にセールを実施していますので、25~30%offを狙って購入してください。

※7500円以上で送料が無料になります。
※合計15500円を超えると関税がかかります。
※アフィリエイトリンクです。利用していただけると助かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。