睡眠とダイエット(肥満)の密接な関係性

痩せる・筋肉が付く・肌が綺麗になるなど、多くのメリットのある成長ホルモンですが、成長ホルモンの分泌を促すためには、筋力トレーニングに加えて質の高い睡眠が重要な要素のひとつになります。

筋トレダイエットをより効果的なものにするためには、”深く眠る”ということが大切なのです。今回は、成長ホルモンをはじめとした各種ホルモンの分泌を促すための睡眠の質(深い睡眠)に関してレポートしていきます。

スポンサーリンク

各種ホルモンと睡眠について

質の低い睡眠はホルモンバランスに悪影響を与えます。ホルモンバランスが崩れるということは、肉体的だけではなく精神的にも悪影響を与えますので注意が必要です。

深い睡眠が成長ホルモンの分泌を促す

睡眠によって成長ホルモンの分泌を促すためには、質のよい深い睡眠をとることがポイントになります。美容や健康のためには「22時から26時の睡眠が効果的」だという情報が広く知れ渡っていますが、大切なのは眠る時間帯ではなく深い睡眠をとることだと改められつつあります。

深く眠ることさえできていれば、睡眠の時間帯は美容や健康に大きな影響を与えることはないということです。睡眠の質や深さというのは、成長ホルモンのをはじめとした様々なホルモン分泌に影響を与えます。質の高い睡眠をとるためのポイントは以下の通りになります。

  • ほどよい肉体的な疲れ
  • 就寝前の数時間は部屋を明るくしすぎない
  • 副交感神経を優位にするためのストレッチや香り
  • 就寝時の満腹感は睡眠を妨げる

いずれも日常のちょっとした心がけで解決できる問題ばかりです。睡眠によって分泌が促されるホルモンには、細胞を活性化させて肌を綺麗にしたり、シワを減らすなどの”若返りの効果”も確認されています。

良い睡眠はダイエットにも効果的

本気で痩せたいと思っているのであれば「睡眠の質」を軽視してはいけません。睡眠と肥満には密接な係わり合いがあり、ある研究によると「睡眠時間が基準(7時間)よりも1時間少ないと肥満率は23パーセントアップする」という報告があります。

これは、質の高い睡眠によって分泌されるホルモンが影響していて、睡眠の質が低いと「食欲をコントロールしにくくなる」ということが関係しています。

睡眠による肥満改善に影響するホルモンに、「レプチン」と「グレリン」の2つがあります。レプチンは、通称”満腹ホルモン”と呼ばれ、食欲を抑制する働きをし、一方のグレリンは、通称”食欲ホルモン”と呼ばれ、食欲を増進させる働きがあります。睡眠時間が不足している人の多くは、2つのホルモンバランスが崩れ、グレリンが増え、レプチンが減っている状態になっています。

引用元:KKベストセラーズ「腹を凹ます体幹トレーニング」

睡眠時間が短くなり、”寝不足を自覚”できるような状態では、「何となく食べたい」「空腹じゃないのに食べたい」「食べても食べても空腹感が治まらない」という気持ちを経験したことのある人も多いかと思います。それらの食欲は”睡眠不足(または睡眠の質の悪さ)”が原因になっている可能性がありますので注意が必要です。

眠れない場合に効果的な栄養素

気持ちが落ち着かずに眠れないこともあるかと思います。そんな時には、ストレス解消や神経を安定させる作用のある栄養素としてビタミンB6やマグネシウムが効果的です。また、ビタミンB12には睡眠と覚醒のリズムを整える効果があるとされていますので、ビタミンB群が”深い眠り”へと誘ってくれる可能性があります。

【まとめ】健康的で若々しい見た目を手に入れるために

睡眠は見た目や精神状態に影響を与える

睡眠の重要性を侮ってはいけません。質の高い睡眠はホルモンバランスを整え、肉体と精神の両面に作用することは明らかです。無理なく理想の見た目を手に入れるためにも”良質な睡眠”を心がけましょう。

睡眠時間の短さが肥満の原因になる

太るか痩せるかは「エネルギー収支のバランス」が決めるということに変わりはありません。質の高い睡眠をとることによって”無理なく適切な食事量”にコントロールすることができるようになります。

スポンサーリンク

フォローする

iHerbで買えるおすすめサプリ!

栄養管理の基本は「食事から」です。しかし、忙しい毎日の中で「管理された食事」を目指すことは、精神衛生上よくありません。
最小限、「サプリに頼っても良いのでは?」と考えています。

まず、食事の延長線として考えて欲しいのが、プロテインとカーボパウダーです。プロテインはタンパク質、カーボパウダーは糖質ですので、トレーニング後の摂取で「速やかな回復と筋合成」を促すことができます。

【ホエイプロテイン】

【カーボパウダー】

次に、ベースサプリメント。運動習慣のある人は多くの栄養を消費しますので、意図的に栄養素を摂取する必要があります。特に重要だと考えているのが、マルチビタミン&ミネラルとフィッシュオイルです。

【マルチビタミン&ミネラル】

【フィッシュオイル】

最後にヘルス・オプショナルサプリメント。

栄養補助目的ではなく、プラスアルファの効果を狙って摂取するサプリメントです。必須ではありませんが、BCAAは筋肉の成長を促し分解を抑制しますし、プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)はトレーニングの質を保つことにつながります。

【BCAA(分岐鎖アミノ酸)】

【プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)】

プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)に馴染みのない方も多いかと思いますが、単純に説明するなら「(すごく)効果のあるエナジードリンク」だと考えてもらえればよいかと思います。

※40ドル以上で佐川急便の送料が無料です。
※合計15500円を超えると関税がかかります。