ヨガやチベット体操など、筋肉を柔らかくして身体のバランスを整える体操は数多くありますが、意外とポーズの難易度が高く継続できている人は少ないはず。また、過度に身体が硬い人にとってはヨガの「呼吸に合わせて姿勢をキープする」ことが苦痛に感じてしまうこともあるはずです。

今回は、「自体重を利用して”身体の歪みを治す”」自力整体についてレポートします。

スポンサーリンク

自力整体とは?

自力整体とは、ヨガのようなポーズを”身体を揺らしながら完成させる”というものです。私の実体験としては、ゆっくりと身体を揺らしながらポーズを完成させるので「ヨガよりも短期間で身体が柔らかくなった」と感じています。

身体の歪みや筋肉の硬さを改善させる

肩こりや腰痛、便秘、冷え性などの様々な体の不調は、身体が歪んで筋肉が硬くなることが原因です。筋肉が硬くなると老廃物が溜まりやすくなり内臓脂肪や皮下脂肪、むくみなどの原因にもなりえます。

老廃物は健康や美容にも悪影響を与えますので、身体の歪みを治してリンパの詰まりを取り除くことは、とても効果的なテクニックです。自力整体はヨガから発展していった健康法です。

ヨガの動きを基本としながらも、より筋肉をほぐすことを意識してプログラムが組まれています。例えば、ヨガで筋肉を伸ばす際には「呼吸に合わせて体をコントロールするような意識で伸ばす」のですが、自力整体では「気持ちの良い範囲で体を揺さぶりながら」伸ばしていきます。

また、健康とスタイルに大きな影響を与える姿勢の悪さは、伸ばす動きをする筋肉の「伸筋」と、縮む動きをする筋肉の「屈筋」のバランスが崩れることによって起こるといわれています。

自力整体とは、自分の力で体の歪みを治す(自力で整体する)ことによって体本来の健康を取り戻す健康法で。身体を柔らかくして心身ともに健康であるためにはとても効果的なエクササイズだと感じています。

DVDを流しながら気軽に実施すること

書籍によっては文字と写真のみで解説されているものも多くみれれますが、おすすめはDVDつきの書籍を購入することです。画像左は「自力整体法」ですが、文章と画像だけではコツがつかめなかったりします。(DVDで一連の流れを覚えてから読んでみると、新たな気づきがあるので勉強にはなります)

DVDつきの書籍は解説文やポーズの種類が少ないというデメリットもありますが、基本的な動きをマスターしたいと考えている場合には、少ないながらも基本的な動きが厳選されている書籍の方が悩まずに取り組むことができます。

大切なのは継続することです。どんなに優れた健康法でも、継続できなければ満足のいく結果を得ることはできません。まずは基本的な内容とポイントがやさしく書かれている「DVDで覚える 自力整体」という書籍で自力整体の基本をマスターすることをおすすめします。

自力整体のポイント

筋肉をほぐして身体の歪みを治す

筋トレだけだと伸縮性の乏しい筋肉になりがちです。硬い筋肉は老廃物が蓄積しやすいばかりか怪我のリスクを高めることにもなりますので、筋トレと併用して「柔らかい筋肉」を目指すことはとても有意義なことです。

体を揺らしながら筋肉を刺激するので効果を実感しやすい

様々なストレッチ関連の書籍を試してみましたが、短期的に柔らかくなったと感じられたのが自力整体でした。体が硬くて悩んでいるなら試してみる価値はあります。