朝のストレッチで体温と代謝を上げる方法

sunrise-430694_1280

身体の冷えは、肩こり・頭痛・腰痛など、様々な不調を引き起こします。体温の低下は代謝の低下とも直接的に関係しているので、「太りやすい体質の人は体温が低い」とも言われているほどです。

体温の低下は、偏った食事や、運動不足、不規則な生活などによって引き起こされますが、栄養のバランスや不規則な生活を改善させても効果を実感できるのは数ヵ月後になります。そこで、手っ取り早く冷え性を改善させる方法としてストレッチが効果的です。

今回は、代謝を上げるための朝ストレッチについてレポートします。

スポンサーリンク

代謝を上げるためのストレッチとは

ストレッチは代謝を上げるために効果的なエクササイズです。しかし、ストレッチには静的ストレッチと動的ストレッチという2種類に分類することができ、朝から代謝を上げるために効果的なのは”動的ストレッチ”ですので、間違わないように注意しましょう。

運動によって血流を改善させる

冷え性や代謝低下の原因ともなっている血流を改善させるためには、筋肉を収縮させることが効果的です。手足に冷えを感じることが多いのは、手足の毛細血管が滞りやすいためです。筋肉に刺激を与えたり、柔軟性を保つことによって、筋肉は血流のポンプのような役割を果たしてくれます。

理想的にはウォーキングやジョギングで全身の血流を良くすることです。しかし、季節によっては朝のジョギングが難しかったり、そもそもジョギングができる環境にない人も多いかと思います。寒い季節のジョギングは体への負担も大きいので継続できる人は極々少数です。

そこでオススメなのがストレッチ(動的ストレッチ)になります。ストレッチは室内でも行うことができて、特に着替える必要もないので、起き抜けに気軽に継続することが可能です。筋肉を伸ばして柔らかく保つと、手足の末端まで毛細血管を通じて血液がスムーズに流れるようになります。

ポイントはリズミカルに筋肉を動かすことです。毎朝のちょっとした心がけですが、効果を実感できるまでに時間がかからないことからも、ぜひ朝のストレッチを習慣化させてみてください。

朝のストレッチは1日の代謝レベルを引き上げる

朝の時間帯は、就寝によって長時間筋肉が動いていなかったことにより、全身の血流が悪く筋肉は硬くなっています。このタイミングでストレッチを行うことにより、硬くこわばっていた筋肉は柔らかくなり、全身への血流もスムーズに行われるようになります。

その結果として体温が上がり、血流が活発になることによって、代謝がよく痩せやすい体質へ近づけることになります。基本的な動的ストレッチの種目を数種類行うだけでも十分効果的です。

ポイントはリズミカルに反動を利用して筋肉を伸ばすことです。じっくりと時間をかけて伸ばすストレッチ(静的ストレッチ)は筋肉を緩ませてしまいますので、朝ストレッチには向いていません。

オススメはラジオ体操です。リズミカルに筋肉を刺激し、毎朝決まった時間にラジオから流れてきますので規則正しい生活を送るためにも、とても優れた体操です。大人になってからラジオ体操をやる機会がないのであれば、ぜひ試してみてください。1日を活動的に過ごせるようになるはずです。

【まとめ】ストレッチのポイント

筋肉を刺激することでポンプの役目をスムーズにする

手足などの末端にまで血液を運ぶためには、筋肉のサポートが欠かせないものになります。硬くなった筋肉ではスムーズな血流アップは望めませんので、筋肉は柔らかくしなやかな状態をキープできるように心がけましょう。

血流が改善すると代謝が上がり痩せやすい体質になる

寝起きにストレッチを行うことは、1日を通しての代謝を底上げする効果にも期待が持てます。もし、冷え性であったり、太りやすい体質に悩んでいるのであれば、朝のストレッチを積極的に取り入れていくべきです。

スポンサーリンク

フォローする

iHerbで買えるおすすめサプリ!

栄養管理の基本は「食事から」です。しかし、忙しい毎日の中で「管理された食事」を目指すことは、精神衛生上よくありません。
最小限、「サプリに頼っても良いのでは?」と考えています。

まず、食事の延長線として考えて欲しいのが、プロテインとカーボパウダーです。プロテインはタンパク質、カーボパウダーは糖質ですので、トレーニング後の摂取で「速やかな回復と筋合成」を促すことができます。

【ホエイプロテイン】

【カーボパウダー】

次に、ベースサプリメント。運動習慣のある人は多くの栄養を消費しますので、意図的に栄養素を摂取する必要があります。特に重要だと考えているのが、マルチビタミン&ミネラルとフィッシュオイルです。

【マルチビタミン&ミネラル】

【フィッシュオイル】

最後にヘルス・オプショナルサプリメント。

栄養補助目的ではなく、プラスアルファの効果を狙って摂取するサプリメントです。必須ではありませんが、BCAAは筋肉の成長を促し分解を抑制しますし、プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)はトレーニングの質を保つことにつながります。

【BCAA(分岐鎖アミノ酸)】

【プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)】

プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)に馴染みのない方も多いかと思いますが、単純に説明するなら「(すごく)効果のあるエナジードリンク」だと考えてもらえればよいかと思います。

※40ドル以上で佐川急便の送料が無料です。
※合計15500円を超えると関税がかかります。