ダイエットを経験したことのある人の多くが便秘に悩んだことがあるのではないでしょうか。便秘の原因としては、痩せるためには欠かせない食事制限や、栄養バランスの偏りが挙げられます。

しかし、ダイエットにおいて便秘は避けてとおれないのかといわれればそんなことはありません。適切な食事内容やダイエット方法によって便秘のリスクを下げることができるのです。

今回は、ダイエット中の便秘リスクを下げるための注意点についてレポートします。

スポンサーリンク

ダイエットと便秘

便秘にには様々な原因があります。カロリー制限をして食事の量が少なくなれば排便の回数が減るのは当然ですし、ダイエットがストレスになっているのであれば、ストレス性の便秘(痙攣性便秘)になってしまうリスクもあります。

カロリー制限と便秘の関係

便秘は気分が悪いばかりでなく、肌トラブルの原因になったり、より深刻な病気のリスクを高めることになります。ダイエット中であっても便秘にならないように注意することが基本です。

では、ダイエット中に起こる便秘の原因はなになのか?

  • 栄養バランスの偏った食生活
  • 食事量が減少するため
  • 水分量が減少するため
  • 油(脂質)の摂取量が減少するため
  • 腸内環境のバランスが崩れるため

その他にも多くの原因が考えられます。これらのことからも、単一の食物だけのダイエットや、食べないダイエットがいかに体に悪いかが分かりますよね。ダイエット中には敬遠されがちな脂質であっても、健康を維持するためにはなくてはならない栄養素なのです。

便秘を解消するためには?

ダイエット中の便秘のリスクを最小限に抑えるためには、なんと言ってもバランスのよい食事を心がけることと、ストレスを溜め込まないことです。これらは、過度な食事制限をしなければそう難しいことではありません。

自宅での筋トレダイエットを実践しているのであれば、目標体重1キロあたり30キロカロリー程度が理想的です。60キロが目標であれば1800キロカロリーもの食事を食べられるということです。

1食600キロカロリー食べられると思ったら簡単だと思いませんか?

筋トレダイエットで健康的に痩せたいのであれば、このくらいのカロリー制限にして、あとはバランスのよい食事内容に注力するようにしましょう。これだけでも便秘のリスクは劇的に減らせるはずです。

また、こまめな水分摂取。良質な油の摂取。食物繊維や発酵食品による腸内環境の健全化は、便秘改善のためには欠かすことのできないポイントですので便秘になりやすい体質の方は特に注意しましょう。

【まとめ】ダイエット中に便秘で悩まないために

食事のバランスの悪さが便秘の原因になる

便秘には食事内容が大きく関わっています。食事制限中でも過度に食事量を減らさないこと。水分不足や脂質不足にならないように注意すること。食物繊維や腸内環境を改善するような食べ物を積極的に摂取することなど、食事内容が便秘改善(予防)の鍵を握ります。

筋肉が減少しやすいダイエットは便秘の原因

食事を減らすだけのダイエットは、筋肉量を減らしてしまいます。筋肉量が減ってしまうと、太りやすい体質になってしまうばかりではなく、排泄力が弱くなることによる便秘の原因にもなります。ダイエットの際には、必ず運動と食事管理を組み合わせるようにしましょう。