お酢には身体を軟らかくする効果はないが、疲労回復の点からも積極的に摂取していくべき

昔から、身体を軟らかくするためには「お酢を摂取すると良い」と言われてきました。本当にお酢を摂取すると身体が柔らかくなるのでしょうか? 私は酸っぱい食べ物が大好きで、炒め物や脂っこい肉料理などにはお酢をかけて食べることが多いのですが、身体の柔軟性はお世辞にも良いとはいえません。

今回は、お酢の身体を軟らかくする効果についてレポートしていきます。

スポンサーリンク

お酢が身体へ与える影響

残念ながらお酢に直接的な身体を軟らかくする効果はありません。しかし、疲労回復や血流改善の点から考えれば、お酢を摂取することで間接的に身体を軟らかくすることに対してプラスになると考えられます。

お酢に身体を柔らかくする効果はない

お酢やクエン酸について調べてみたのですが、お酢を摂取することによって体が柔らかくなるということはないようです。おそらく、「お酢にはたんぱく質を分解する作用があることから筋肉が柔らかくなる効果があるのではないか?」とゆう憶測から広がった情報なのではないかと思われます。

筋肉を柔らかくする効果はなくても、お酢を積極的に摂取するメリットは多数あります。

例えば血糖値。食事の際にお酢を摂取すると血糖値の上昇を穏やかにしてくれる効果があります。血糖値の急上昇が防げればインスリンの過剰分泌も防げるので必要以上に体脂肪が溜め込まれることがなくなります。

また、クエン酸は3大栄養素をエネルギー化するにはなくてはならない成分ですので、健康やダイエットのためには積極的に摂取するべき栄養素です。

疲労解消効果から多少は効果がある可能性

お酢の効能として見逃せないのが疲労回復効果です。仕事やスポーツ、ダイエットのために実施している筋力トレーニングで蓄積された疲労物質を速やかに排泄させてくれる効果があります。

疲労が早く抜けるので、筋肉が健康な状態を保ちやすく、「体の柔軟性を高める」ことに一役買っている可能性があります。

このことから、お酢の効果で体が柔らかくなるともいえなくはありません。

しかし、筋肉がストレッチされて柔軟性が高まっているわけではなく、疲労物質が排泄されることで筋肉が伸びやすくなっているにすぎませんので、本質的に体が柔らかくなったとはいえないのが実際のところです。

体を柔らかくしたいならお酢に頼るのではなく、コツコツとストレッチによって筋肉を伸ばしていくしかありません。もし体が硬くて悩んでいるのであれば、気長にストレッチを継続するようにしましょう。

【まとめ】お酢を摂取するポイント

体を柔らかくする効果は薄いが、健康目的には効果的

お酢が直接的に体を柔らかくすることはありません。しかし、血糖値のコントロールや血液をさらさらにするなど、健康効果は大きいので、苦手でなければ積極的に摂取していきましょう。

疲労回復効果があるので筋トレダイエット時にも役立つ

お酢には疲労回復効果があります。お酢に直接的な柔軟性アップの効果がないとしても、疲労が早く抜けるようになれば普段よりも活発に活動できるようになり、結果として筋肉を伸ばすような機会が増えることになります。

スポンサーリンク

フォローする

iHerbで買えるおすすめサプリ!

栄養管理の基本は「食事から」です。しかし、忙しい毎日の中で「管理された食事」を目指すことは、精神衛生上よくありません。
最小限、「サプリに頼っても良いのでは?」と考えています。

まず、食事の延長線として考えて欲しいのが、プロテインとカーボパウダーです。プロテインはタンパク質、カーボパウダーは糖質ですので、トレーニング後の摂取で「速やかな回復と筋合成」を促すことができます。

【ホエイプロテイン】

【カーボパウダー】

次に、ベースサプリメント。運動習慣のある人は多くの栄養を消費しますので、意図的に栄養素を摂取する必要があります。特に重要だと考えているのが、マルチビタミン&ミネラルとフィッシュオイルです。

【マルチビタミン&ミネラル】

【フィッシュオイル】

最後にヘルス・オプショナルサプリメント。

栄養補助目的ではなく、プラスアルファの効果を狙って摂取するサプリメントです。必須ではありませんが、BCAAは筋肉の成長を促し分解を抑制しますし、プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)はトレーニングの質を保つことにつながります。

【BCAA(分岐鎖アミノ酸)】

【プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)】

プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)に馴染みのない方も多いかと思いますが、単純に説明するなら「(すごく)効果のあるエナジードリンク」だと考えてもらえればよいかと思います。

※60ドル以上で佐川急便・ヤマト運輸の送料が無料です。
※合計15500円を超えると関税がかかります。

今、とにかく安いのがマイプロテイン

【コストパフォーマンスに優れたプロテイン】