肉体的な疲労回復に必要な栄養素と食べ物

筋力トレーニングは、ダイエットや健康維持のためにとても効果的な手段のひとつです。しかし、激しい運動をすることによって失われてしまう栄養素があるというのはあまり知られていません。

今回は、トレーニングなどによって”肉体的疲労”を感じている時に積極的に摂取して欲しい栄養素についてレポートします。

スポンサーリンク

筋肉疲労の回復に効果的な栄養素

肉体疲労時に不足してしまいがちなのが”ビタミンB1”です。肉体的な疲労を回復させる役目を持つビタミンB1はエネルギーの消費量に比例して失われていく栄養素ですので注意が必要です。

疲労回復に欠かせないビタミンB1

ビタミンB1には糖質の代謝に関与する酵素をサポートする働きがあります。糖質は活動エネルギーとして欠かせない栄養素ですので、糖質の分解が滞ればエネルギーが生成されないばかりか疲労物質の代謝も滞って、疲労回復がスムーズに行われなくなります。

ビタミンB1はエネルギー消費量(運動強度)に比例して消費されていく栄養素でもありますので、筋力トレーニングを実施している際には特に不足することのないように気をつけましょう。

また、ビタミンB1の不足は肉体疲労ばかりではなく、セロトニン代謝がスムーズに行われなくなることによる気力の減退や慢性的な眠気の原因にもなりますので注意が必要です。

ビタミンB1は糖質と共に摂取すると効果的

ビタミンB1が不足すると、ブドウ糖が完全燃焼されずに老廃物となって蓄積されやすくなります。その蓄積された疲労物質が、だるさや疲れといった肉体疲労の原因です。そこで、糖質を完全燃焼させるためにはビタミンB1が不足しないようにすることが効果的です。

その際に、糖質もいっしょに摂取すると、エネルギーの代謝がスムーズに行われるようになるため、結果として肉体的な疲労を回復させることにつながります。

ダイエット中だとしても、筋力トレーニングの疲れを蓄積させないためにも、ビタミンB1と糖質(炭水化物など)を同時に摂取して疲労物質(老廃物)をスムーズに排泄させてしまうことを心がけてください。

ビタミンB1は、豚肉やレバー、うなぎなどに豊富に含まれています。食品からの摂取が難しいようでしたらサプリメントなどによって補うことも効果的な方法です。

【まとめ】肉体疲労を回復させる栄養素

ビタミンB1はエネルギー消費量に比例して失われていく

筋力トレーニングなどの強度の高い運動はビタミンB1を大量に消費します。ビタミンB1が不足すれば肉体的な疲労が抜けにくくなりますので注意が必要です。

糖質との相乗効果によって疲労回復がスムーズになる

疲労物質をスムーズに代謝させるためには、ビタミンB1と糖質を同時に摂取するのが効果的です。肉体疲労を蓄積させないためには、糖質制限などの食事管理は行わずにバランスの良い食事内容を心がけましょう。

スポンサーリンク

フォローする

iHerbで買えるおすすめサプリ!

栄養管理の基本は「食事から」です。しかし、忙しい毎日の中で「管理された食事」を目指すことは、精神衛生上よくありません。
最小限、「サプリに頼っても良いのでは?」と考えています。

まず、食事の延長線として考えて欲しいのが、プロテインとカーボパウダーです。プロテインはタンパク質、カーボパウダーは糖質ですので、トレーニング後の摂取で「速やかな回復と筋合成」を促すことができます。

【ホエイプロテイン】

【カーボパウダー】

次に、ベースサプリメント。運動習慣のある人は多くの栄養を消費しますので、意図的に栄養素を摂取する必要があります。特に重要だと考えているのが、マルチビタミン&ミネラルとフィッシュオイルです。

【マルチビタミン&ミネラル】

【フィッシュオイル】

最後にヘルス・オプショナルサプリメント。

栄養補助目的ではなく、プラスアルファの効果を狙って摂取するサプリメントです。必須ではありませんが、BCAAは筋肉の成長を促し分解を抑制しますし、プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)はトレーニングの質を保つことにつながります。

【BCAA(分岐鎖アミノ酸)】

【プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)】

プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)に馴染みのない方も多いかと思いますが、単純に説明するなら「(すごく)効果のあるエナジードリンク」だと考えてもらえればよいかと思います。

※60ドル以上で佐川急便・ヤマト運輸の送料が無料です。
※合計15500円を超えると関税がかかります。

今、とにかく安いのがマイプロテイン

【コストパフォーマンスに優れたプロテイン】