筋トレダイエットに取り組んでいるのであれば一度は考えたことのあるであろう「体脂肪を減らしながら筋肉を成長させることは可能なのか?」という疑問ですが、過度な食事制限さえしなければダイエット中であっても筋肉を成長させることは可能です。

しかし、トレーニング中級者以上であったり、明らかに間違った食事制限をしてしまうと「筋トレをしていても思うように筋肉を成長させることができない」というのは当然の結果でもあります。

そこで今回は、「筋トレダイエット中に筋肉を成長させることは可能なのか?」についてレポートしていきます。

スポンサーリンク

ダイエットと筋肉を増やすことは両立できるのか?

「ダイエットをしながら筋肉をつける」というアプローチは効率的ではありません。筋肉を大きく成長させるためには多くの栄養素とカロリーを必要とするため、ダイエット中では筋肉が成長するための栄養素が不足するためです。

ダイエット中でも筋肉は増える

筋トレダイエットというのは、筋力トレーニングによって筋肉の減少を最小限に抑えつつ、食事制限によって体脂肪を落としていくダイエット方法です。

筋トレ初心者にとっては間違えやすい問題なのですが、「ダイエット中に筋肉が大きく成長することはない」ということ。筋肉を成長させるためには、筋力トレーニングとオーバーカロリーの食事が基本になります。

しかし、筋トレダイエット初期(筋肉量が少ない場合)や、極端に体脂肪率が高い場合には、ダイエット中であっても筋肉を増やすことが可能です。

もちろん、過度な食事制限をしてしまうと、筋トレを実施していたとしても、筋肉を増やすどころか減らしてしまうリスクを伴いますので、筋トレダイエット中の食事制限は程々にしておくことがポイントになります。

増量期と減量期に分けるのが効率的

ある程度大きな体を目指していたり、筋トレダイエットを実施していてもすぐに痩せる必要性が薄い場合には、増量期と減量期を明確に分けることによって効率的に筋肉を増やすことができます。

増量期とは意識的にオーバーカロリーの状態にすることによって効率的に筋肉を増やすテクニックです。オフシーズンのスポーツ選手やボディビルダーが太っているように見えるのは意識的に食事量を増やしているためです。

食事量を増やしながら筋力トレーニングを実施することによって効率的に筋肉を成長させることが可能になります。また、筋肉が増えた体は代謝量が増えるので、減量期の体脂肪の減少がよりスムーズになります。

増量期と減量期を分けることは、筋力トレーニングでは一般的に使われているテクニックです。

しかし、筋トレダイエットによって痩せることを第一目標にしているのであれば、筋力トレーニングと適度な食事制限で「まずは痩せること」を優先させたほうがモチベーションを保ちやすいかと思います。

【まとめ】筋トレダイエットと筋肉量を増やすこと

ダイエット中の筋トレは筋肉量を減らさないためのもの

筋トレダイエット中に実施する筋力トレーニングは、消費カロリーを増やすためのものではなく、食事制限による筋肉の減少量を最小限に抑えるためのものです。

痩せることが目的であれば増量期などのテクニックは無視する

ある程度のレベルになるとダイエットをしながら筋肉を増やすことはできません。しかし、筋トレ初心者であったり、体脂肪率が高い場合には、ダイエット中であっても筋肉量を増やすことが可能です。