年をとると太りやすく痩せ難い体質になってしまう理由とその対処方法

obesity-993126_1280

年をとってくると、若い頃のような体型を維持することが難しくなってくると実感している人も多いはずです。また、体型を維持することが難しくなってくるばかりではなく、同じようなダイエットメニューでは痩せにくくなっていくものです。

痩せにくくなっていることを「年齢のせい」だと諦めてはいけません。年齢を重ねることで体型を維持するのが難しくなる理由を理解できていれば適切な対処方法は自ずと明確になっていきます。

今回は、「なぜ年齢を重ねると太りやすくなってしまうのか?」についてレポートしていきます。

スポンサーリンク

歳を重ねても若い頃の体型を取り戻すために

年齢を重ねて体型が崩れていくのは「筋肉量が減少していく」ためです。ホルモン分泌量の減少などから、若い頃と同じ運動や食生活では「筋肉量を維持できない」というのは当然のことなのです。しかし、筋力(筋肉量)というのは歳を重ねてからでも成長させることができるのです。

痩せにくいのは筋肉量が減ったから

運動習慣の無い生活を送っていると、身体の筋肉は20歳ごろをピークに年々衰えていきます。一般的に、年間1パーセントくらいずつ筋力が衰えていくとされています。

20歳代で、男性が40パーセント、女性が35パーセント。それが30歳くらいから徐々に減りはじめ、70歳代で約3分の2になります。体重60キログラムの男性なら、20歳代では24キログラムあった筋肉が、70歳代では16キログラムになってしまうということです。

引用元:石井直方「一生太らない体のつくり方」

筋肉が減ってしまうと基礎代謝量(生命を維持するために最低限必要な代謝量)が減ります。筋肉が1キロ減少すると、1日当たり50キロカロリーの基礎代謝量が落ちていきます。

「50キロカロリーくらいなら問題ないのでは?」そう思ったのであれば要注意です。1日50キロカロリーだとしても、年間にすると約2.5キロもの体脂肪が増えるということになります。(50kcal×365day÷7200kcal=2.53kg)

たった1キロの筋肉量が減っただけでも年間2.5キロずつ太っていくとしたら、ゾッとしませんか。当然、長期に渡る運動習慣のない生活で衰える筋肉量は1キロくらいではすまないはずです。

また、筋肉量が減ると、疲れやすくなったり、肩こりや腰痛に悩まされやすくなります。その結果として、日常生活での活動量も減るので、筋肉量が減ったこと以上に蓄積される体脂肪は増えることになります。

加齢と共に「太りやすく痩せにくくなった」と実感しているのであれば、筋肉量の減少を疑ってください。痩せないからといって、過度な食事制限や有酸素運動をすると、筋肉量の減少に拍車がかかりますので注意が必要です。

若々しい見た目のためにも筋力トレーニングを

筋肉量の減少が及ぼす悪影響は太りやすくなるということばかりではありません。

筋力トレーニングによって筋肉に刺激を与えると「成長ホルモンの分泌が活発になる」ことが確認されています。成長ホルモンは若返りホルモンなどとも呼ばれていて、どんなに高級な化粧品なんかよりもアンチエイジングに効果があるといわれているほどです。

しかし、成長ホルモンの分泌は16歳あたりをピークに年々減少していきます。成長ホルモンの分泌と筋肉を刺激することは深く関わりあっていますので運動習慣の少ない場合、人よりも早く老け込むことにつながります。

また、筋肉を使わない生活を続けていると毛細血管が退化していきます。毛細血管が減少するということは、新陳代謝に必要な栄養素が細胞に運ばれにくくなるということです。当然、皮膚や髪、爪などにつやがなくなるなどの悪影響を及ぼします。

筋肉を動かすことによって毛細血管の数が増えます。毛細血管が増えると栄養素や酸素がスムーズに細胞に運ばれるため、細胞の再生を促進させることにつながります。

筋力トレーニングには筋肉を維持、発達させる効果ばかりではなく、成長ホルモンの分泌を活発にさせたり毛細血管の数を増やすなどの、アンチエイジングにも重要な要素のひとつなのです。

【まとめ】体型維持と年齢の関係性

年をとったから痩せにくいわけではない

ダイエットをしても痩せにくいというのは、年齢のせいというよりは、年齢によって筋肉量が減少しているためです。筋肉を成長させることに年齢は関係ありません。筋力トレーニングは週に2回くらいでも十分に効果的ですので、生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

筋肉量を保つことにより見た目も若くなる

筋力トレーニングによって筋肉を刺激することはアンチエイジングにもつながります。どれだけバランスの良い食事を摂っても吸収されなければ意味がありません。筋力トレーニングによって成長ホルモンの分泌と毛細血管の成長を促し、スムーズな代謝を行える体質を手に入れましょう。

スポンサーリンク

フォローする

iHerbで買えるおすすめサプリ!

栄養管理の基本は「食事から」です。しかし、忙しい毎日の中で「管理された食事」を目指すことは、精神衛生上よくありません。
最小限、「サプリに頼っても良いのでは?」と考えています。

まず、食事の延長線として考えて欲しいのが、プロテインとカーボパウダーです。プロテインはタンパク質、カーボパウダーは糖質ですので、トレーニング後の摂取で「速やかな回復と筋合成」を促すことができます。

【ホエイプロテイン】

【カーボパウダー】

次に、ベースサプリメント。運動習慣のある人は多くの栄養を消費しますので、意図的に栄養素を摂取する必要があります。特に重要だと考えているのが、マルチビタミン&ミネラルとフィッシュオイルです。

【マルチビタミン&ミネラル】

【フィッシュオイル】

最後にヘルス・オプショナルサプリメント。

栄養補助目的ではなく、プラスアルファの効果を狙って摂取するサプリメントです。必須ではありませんが、BCAAは筋肉の成長を促し分解を抑制しますし、プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)はトレーニングの質を保つことにつながります。

【BCAA(分岐鎖アミノ酸)】

【プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)】

プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)に馴染みのない方も多いかと思いますが、単純に説明するなら「(すごく)効果のあるエナジードリンク」だと考えてもらえればよいかと思います。

※40ドル以上で佐川急便の送料が無料です。
※合計15500円を超えると関税がかかります。