筋トレダイエット1ヶ月目の結果報告

筋トレダイエット1ヶ月目の中間報告です。1ヶ月目といっても、筋トレ自体は9月末よりはじめていたので正確には「食事制限を開始して1ヶ月目の記録」ということになります。

たった1ヶ月の食事制限でも見た目は大きく変化することが分かるかと思います。多少なりとも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ダイエット1ヶ月目の詳細

ダイエットグラフ

筋トレダイエット1ヶ月目は週2~3回の筋トレと、目標体重kg×30kcal程度の摂取カロリーを目標に実施しました。結果としては、目標摂取カロリーを下回ってしまう日が多かったのが反省材料になりますが、概ね計画通りだと感じています。

筋トレについて

筋トレはダンベルとフラットベンチを用いて実施しています。自宅での筋トレですので、ジム通いしている人のような高重量でのトレーニングは行っていません。プレートの付け替えが苦痛に感じてしまって、20kgセットのダンベルで固定してしまっています。

具体的なメニューに関しては、「脚→胸→背中→腹筋」のような順番で、主要な大きな筋肉を中心にトレーニングすることを心がけています。1回のトレーニング時間は20分ほどを目標としていました。

食事制限について

食事制限に関しては、「体重kg×1~2g」のたんぱく質摂取量を心がけながら目標摂取カロリーの範囲内に収まるように管理していきました。微量栄養素などの不安はマルチビタミン&ミネラルなどで補填しています。

また、目標摂取カロリーの範囲内で必要なたんぱく質量を確保するために、ホエイプロテインとソイプロテインを使っています。

飲むタイミングとしては朝食をプロテインと各種サプリメントに置き換えたり、筋トレ後にホエイプロテインと砂糖を混ぜて飲んだりするような一般的な方法です。就寝前に摂取カロリーに余裕がある場合は夜食としてソイプロテインを活用することもありました。

見た目の変化

照明の関係で比較しずらいのですが、1ヶ月で4kgほどの体重が落ちているので見た目の変化ははっきりと自覚できるようになっています。

ダイエット開始前、正面から

正面から

斜め横から

斜め横から

横からの画像はこんな感じです。

横から

食事制限1ヵ月後の時点で、体重マイナス4.1キロ、体脂肪率マイナス3.2パーセントというのは上々の結果だと判断しています。もちろん、食事制限初期のボーナスによる減少である感は否めませんが数字として結果が表れると嬉しいものです。

1ヵ月後の正面から

1ヵ月後の正面

斜め横から

斜め横

横からの画像はこんな感じになりました。

横から

腹筋がはっきりと割れて見えるようなことはありませんが、お腹のふくらみがだいぶ改善されてきているのは一目瞭然です。が、まだまだ軽肥満であることに変わりはありません…。

【まとめ】筋トレダイエット1ヶ月目のポイント

食事制限をせずに筋トレだけを実施していても確かに体重を減らすことはできます。しかし、比較的短期間で体脂肪を減少させようと思ったら、筋トレと食事制限を組み合わせることが重要だと再確認させられる結果となりました。

筋トレダイエットは比較的短時間の運動で効果を実感しやすいことから、運動嫌いな人にもオススメできるダイエット方法です。また、分割法を用いれば、1回のトレーニングにかかる時間を5分程度に抑えられるという点もメリットだと感じています。

スポンサーリンク

フォローする

iHerbで買えるおすすめサプリ!

栄養管理の基本は「食事から」です。しかし、忙しい毎日の中で「管理された食事」を目指すことは、精神衛生上よくありません。
最小限、「サプリに頼っても良いのでは?」と考えています。

まず、食事の延長線として考えて欲しいのが、プロテインとカーボパウダーです。プロテインはタンパク質、カーボパウダーは糖質ですので、トレーニング後の摂取で「速やかな回復と筋合成」を促すことができます。

【ホエイプロテイン】

【カーボパウダー】

次に、ベースサプリメント。運動習慣のある人は多くの栄養を消費しますので、意図的に栄養素を摂取する必要があります。特に重要だと考えているのが、マルチビタミン&ミネラルとフィッシュオイルです。

【マルチビタミン&ミネラル】

【フィッシュオイル】

最後にヘルス・オプショナルサプリメント。

栄養補助目的ではなく、プラスアルファの効果を狙って摂取するサプリメントです。必須ではありませんが、BCAAは筋肉の成長を促し分解を抑制しますし、プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)はトレーニングの質を保つことにつながります。

【BCAA(分岐鎖アミノ酸)】

【プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)】

プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)に馴染みのない方も多いかと思いますが、単純に説明するなら「(すごく)効果のあるエナジードリンク」だと考えてもらえればよいかと思います。

※40ドル以上で佐川急便の送料が無料です。
※合計15500円を超えると関税がかかります。