無酸素運動と有酸素運動の違いと健康維持のためにも有酸素運動が必要な理由

筋トレダイエットを実践していると、有酸素運動をしなくても痩せることができるので、「有酸素運動には意味がないのでは?」と感じることが多々あります。有酸素運動をないがしろにしてしまうのです。

しかし、健康面、スポーツのパフォーマンス向上について調べていくと、有酸素運動をないがしろにすることは好ましくないのは明らかなことです。そこで今回は、有酸素運動の有用性と、具体的な取り入れ方をレポートします。

スポンサーリンク

健康維持における有酸素運動の有用性

筋トレダイエットとは、筋トレ(無酸素運動)によって筋肉量を維持しながら食事制限によって体脂肪を落としていくというダイエット方法です。有酸素運動を実施せずともスムーズな体脂肪燃焼が可能です。しかし、有酸素運動の”健康効果”には無視できないメリットがあります。

有酸素運動のメリット

有酸素運動を実施することによって、激しい運動を行っている際に筋肉に取り込むことのできる酸素量を増やすことができます。心肺系の機能を高めることができるということです。

心肺系の機能を高めることによって、心臓の強化、血液を循環させるための毛細血管の増加、筋中のミトコンドリアの成長促進などがあります。これらの効果は、筋力トレーニングによって得られるメリットとは大幅に違うものです。

筋力トレーニングの効果は、筋肥大(筋肉繊維の増大)と、神経経路の強化が主です。

現在、身体を動かすことのメリットはよく知られるようになりました。心臓病、糖尿病、関節炎などのリスクが軽減され、寿命が延び、体重とストレスが減り、鬱の発生率が低下し、認識機能が改善するといったメリットです。注意すべきなのは、これらの効果は筋力トレーニングではなく、有酸素運動と密接に関連しているという点です。

引用元:アレックス・ハッチンソン「良いトレーニング、無駄なトレーニング」

このことからも、無酸素運動だけ、有酸素運動だけ、という偏ったトレーニングは良いトレーニングとは言えないことが分かります。

有酸素運動には心肺機能の強化や、生活習慣病のリスクを下げる効果。無酸素運動には筋肉量を増やして代謝の良い身体になることによって「太りにくく痩せやすい体質」を作る効果が期待できます。

どちらか一方ではなく、バランスよく取り入れていくことが重要なようです。

スポーツのパフォーマンスを上げるためには有酸素運動が必要

多くのスポーツ選手の身体は、筋肉に取り込むことのできる酸素量(VO2MAX)の値が高いことが確認されています。激しい運動をしても動き続けることができるということです。

これは、サッカーやバスケットボールなどのように「心肺機能が高いであろう」と予測しやすい種目の選手ばかりではなく、ゴルフなどのように「他競技と比べるとアスリート的な要素が少ないのではないか」と考えられがちな種目においても同様です。

プロゴルファーのランキングと、ランニング能力には高い関連性が確認されているそうです。

筋力トレーニングによって高いパフォーマンスを実現できる身体を手に入れたとしても、心肺機能の強化によってベストの状態を長時間維持することができなければ、結果として成績にはつながらないということなのかもしれませんね。

しかし、自宅での有酸素運動が難しい場合もあるはずです。その場合、日頃から筋力トレーニングをベースにして肉体改造に取り組んでいるのであれば、種目間休憩を短くしたサーキットトレーニングを取り入れていくのが効果的です。

サーキットトレーニングとは、種目間の休憩時間を短くすることで、心拍数を高く保ってトレーニングを進めていくテクニックです。筋力と心肺機能を同時に鍛えることを目的としています。

【まとめ】有酸素運動についてのポイント

有酸素運動の効果は無視できない

有酸素運動には多くの健康的メリットがあり、運動によって健康増進を目指しているのであれば無視はできません。また、スポーツでのパフォーマンスの維持という点から言っても、有酸素運動を取り入れるメリットは大きなものになります。

ジョギングなどが難しいのであれば、サーキットトレーニング

自宅(室内)での有酸素運動と言えば、踏み台昇降やステッパーなどが一般的です。しかし、無酸素運動と有酸素運動の効果を同時に得たい場合にはサーキットトレーニングがおすすめです。

スポンサーリンク

【iHerb】おすすめのサプリメント

栄養管理は、”食事から”であることが基本です。しかし、慌ただしい毎日の中で”完璧な栄養管理”を目指すことは、精神衛生上よくありません。
必要最小限、「サプリメントに頼っても良いのでは?」と考えています。

以下、(僕にとって)優先順位の高いサプリメントを表記します。

※60ドル以上で佐川急便、ヤマト運輸の送料が無料になります。
※合計15500円を超えると関税がかかります。

【MYPROTEIN】とにかく安いプロテイン

プロテインはゴールドスタンダードを購入することが多いのですが、とにかく安いプロテインを探しているのであれば”マイプロテイン”をおすすめします。

頻繁にセールを実施していますので、25~30%offを狙って購入してください。

※7500円以上で送料が無料になります。
※合計15500円を超えると関税がかかります。
※アフィリエイトリンクです。利用していただけると助かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。