過去の努力は裏切らないマッスルメモリーの効果と期間について

筋肉には、筋トレを中断(挫折)してしまっても「再開すれば比較的短期間で元のレベルまで戻れる」という特徴があります。筋肉は過去の栄光を忘れないのです。男としてはちっと情けない性質ではありますが、筋トレを再開しようと思っている人にとってはありがたい性質です。

例えば、今現在筋肉量が少なく”中年太り”になってしまっている場合でも、若い頃にスポーツに打ち込んだ(筋肉を鍛えた)経験があるのであれば、初めて鍛えた時にかかった時間よりもずっと短期間で元に戻すことが可能です。

今回は、筋肉の記憶(マッスルメモリー)についてレポートします。

スポンサーリンク

マッスルメモリーとは

マッスルメモリーと呼ばれる”筋肉の記憶”は、確実に存在することが実証されつつあります。その大きな要因とされているのが「筋線維の核数が増えている」ことと「筋線維数が増えている」ことにあります。

筋肉の記憶を信じて筋トレの再開を

筋トレを継続して、いつまでも自分の納得のいくスタイルを維持したいというのは誰もが考えるところですが、筋トレができる環境ではなくなってしまったり、筋トレをする時間自体を確保するのが難しくなってくることも多いものです。

また、筋トレができる環境や時間が整っていたとしてもモチベーションを維持し続けるのは難しいことです。わたし自身20代の頃、ある程度自分が納得のいくレベルまで鍛えたことがありました。その時は「この体形を維持したい」と考えていたのですが、30代にもなると立派な中年太りになってしまっています。

しかし、以前鍛えたレベルまでであれば比較的短期間で戻すことが可能です。そう考えるともう一度肉体改造にチャレンジしたくなりませんか?

筋肉の記憶の原理として有力な説

俗称マッスルメモリーについては、ごく最近まで明確な原因が解明されていませんでしたが、有力な2つの原因については徐々に実証されつつあります。その2つの原因というのが以下の理由です。

1つは、長年のトレーニングによって筋線維内の核数が増え、トレーニングを中断して筋が萎縮しても、核数は増えたままであるという可能性です。

[中略]

もう1つは、長年のトレーニングによって筋線維数が増えていて、たとえ筋が萎縮してもその数は減らず、個々の筋線維が萎縮しているという可能性です。

引用元:石井直方「トレーニングをする前に読む本」

  • 筋繊維に含まれている核の数が増えている
  • 筋繊維の数が増えている

いずれも過去に筋肥大をした過程で得られた効果なのですが、これらの効果は「運動習慣がなくなっても長い間減らない」ことが実証されています。

しかし、ひと言にマッスルメモリーといっても、「トレーニングを休んでいた期間はどのくらいなのか?」そして、「どのくらいの期間をかけて作り上げた筋肉なのか?」によっても実感できる効果には大幅な開きがあります。

それでも、いちから体作りをするよりもずっと短期間で元の筋肉量に戻すことが可能です。

例としては不適切かもしれませんが、スポーツ選手が手術などによって数年休んでも比較的短期間で第一線に復帰できることがあります。数ヶ月から年単位に渡って使わなかった筋肉が数ヶ月でもとのレベルまで回復しているのです。

また、十年単位で競技から離れていた人が、半年あまりの比較的短期間で”見違えるような身体を作った”という例は数多く存在します。筋肉というのは「確実に以前の状態を覚えている」のです。

いずれにしても筋トレが”辛い運動”であることには変わりありません。眠っている”筋肉の記憶(マッスルメモリー)”を活用できるかどうかは「強い意思を持ってトレーニングを再開する」ことが重要なのです。

マッスルメモリーについてのポイント

以前鍛えた経験があれば必ず効果を実感できること

筋肉は以前鍛えた記憶を忘れてはいません。学生時代の部活であったり、社会人になってからのジム通いの経験があるのであれば、はじめにかかった期間よりもずっと短期間で効果を実感することができます。

マッスルメモリーを生かすも殺すもトレーニング次第

トレーニングをしなければマッスルメモリーは宝の持ち腐れです。ジムに通うのが難しい状況であるのであれば、自宅での自重トレーニングでも”身体を変化させる”ことは十分に可能ですので、ライフスタイルに合わせたトレーニング計画を実施しましょう。

スポンサーリンク

フォローする

iHerbで買えるおすすめサプリ!

栄養管理の基本は「食事から」です。しかし、忙しい毎日の中で「管理された食事」を目指すことは、精神衛生上よくありません。
最小限、「サプリに頼っても良いのでは?」と考えています。

まず、食事の延長線として考えて欲しいのが、プロテインとカーボパウダーです。プロテインはタンパク質、カーボパウダーは糖質ですので、トレーニング後の摂取で「速やかな回復と筋合成」を促すことができます。

【ホエイプロテイン】

【カーボパウダー】

次に、ベースサプリメント。運動習慣のある人は多くの栄養を消費しますので、意図的に栄養素を摂取する必要があります。特に重要だと考えているのが、マルチビタミン&ミネラルとフィッシュオイルです。

【マルチビタミン&ミネラル】

【フィッシュオイル】

最後にヘルス・オプショナルサプリメント。

栄養補助目的ではなく、プラスアルファの効果を狙って摂取するサプリメントです。必須ではありませんが、BCAAは筋肉の成長を促し分解を抑制しますし、プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)はトレーニングの質を保つことにつながります。

【BCAA(分岐鎖アミノ酸)】

【プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)】

プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)に馴染みのない方も多いかと思いますが、単純に説明するなら「(すごく)効果のあるエナジードリンク」だと考えてもらえればよいかと思います。

※40ドル以上で佐川急便の送料が無料です。
※合計15500円を超えると関税がかかります。

コメント

  1. タナッシュ より:

    こんばんわ
    初めて訪問します。
    タナッシュと申します。
    ブログランキングから飛んで来ました。

    マッスルメモリーって、初めて聞く言葉でしたが、勉強になりました。

    30歳を過ぎ、お腹まわりが言うことを聞いてくれなくなりつつありますが、ひさびさに筋トレ頑張ろうと思いました。

    応援ぽちさせて頂きました。
    また来ますね〜。

    • TS@筋肥大渇望人 より:

      タナッシュさん
      コメントありがとうございます。

      マッスルメモリーのことは、以前雑誌か何かで得た知識です。事実、数年ぶりに筋トレを再開してみると、想像以上に早いペースで扱える重要が増えていっています。このことからもマッスルメモリーは存在すると考えています。

      ホント、30歳を過ぎるとお腹周りが気になりますよね。(私の場合は全身ですが…)

      お互い頑張りましょう!