リバウンドの原因と、体脂肪を増やしてしまわない為の予防方法について

太りやすい体質であれば必ず経験したことのあるであろうリバウンドですが、いったんはダイエットに成功したとしても、短期間のうちに元の体重、もしくはそれ以上の体重まで戻ってしまっては意味がありません。

また、間違ったダイエット方法でリバウンドしてしまった体重の多くは、体脂肪が増加したことによるものです。体脂肪が増えればそれだけ「太りやすく痩せにくい体質」になってしまっているということなので、ダイエットとリバウンドを繰り返すことによって次第に痩せることが難しくなっていきます。

今回は、リバウンドしてしまう原因とその対処方法についてレポートしていきます。

スポンサーリンク

リバウンドの危険性

リバウンドをしてしまったということは、普段の食生活が消費カロリーを大幅に上回っているということです。しかし、「あまり食べていないのに太ってしまう」という人も少なからずいるはずです。

体重が減ることと痩せることはイコールではない

ダイエットをしていると「体重の増減が気になる」というのは当然のことです。しかし、体脂肪を減らしても体重が減りますし、筋肉を減らしても体重は減ります。当然のことながら前者が正しいダイエット、後者が間違ったダイエットです。

本気でダイエットを成功させたいのであれば注目すべきは体脂肪率です。

個人差はありますが、標準体重(BMI22)をひとつの目安にして、あとは体脂肪率の増減に注視してダイエットに取り組むのがリバウンドしにくいダイエットだといえます。(※体脂肪率はあくまで予測数値ですので、数値そのモノよりも増減幅が重要になります)

食事制限だけのダイエットは必ずリバウンドする

ダイエット成功のカギを握っているのは食事制限です。痩せるということは「消費カロリー>摂取カロリー」の状態にすることなので、食事管理によるカロリー制限が最も簡単で確実な方法です。

しかし、食事制限だけのダイエットは必ずリバウンドします。

食事を厳しく制限すると、血糖値が下がります。血糖値が下がると、今度は糖質を供給しようとして、コチゾールというホルモンが、副腎から分泌されます。これは血糖値を上げるという働きがありますから、減った糖質は補給されます。どこから補給されるかといえば、主として肝臓と筋肉です。筋肉のなかのたんぱく質を分解して、エネルギーを補給するのです。

引用元:石井直方「一生太らない体のつくり方」

過度な食事制限によって体重を減らしても、筋肉が減っているだけで体脂肪はさほど減りません。これは生命を維持するためには筋肉よりも体脂肪のほうが重要であることによって起こります。

ダイエット中の運動は筋肉を維持するためのもの

ダイエット中の筋力トレーニングは、痩せるための運動ではなく、食事制限による筋肉の減少を最小限に抑えるためのものです。もちろん、筋力トレーニング自体にも体脂肪を減少させる効果はありますが、重要なのは筋肉を減らさないことだということを忘れてはいけません。

同じ運動でも有酸素運動には注意が必要です。

有酸素運動は直接的に体脂肪を燃焼させる効果がることから女性を中心に人気のエクササイズです。しかし、長時間にわたる有酸素運動は厳しい食事制限をしたときと同様に筋肉を分解してエネルギーに変換してしまうという作用があります。

有酸素運動では痩せないというわけではありませんが、長時間の有酸素運動は筋肉を減らしてしまうリスクが高いため必ずしもダイエットに効果的だとは言えません。

【まとめ】リバウンドしないためのポイント

ダイエット中は必ず筋トレを取り入れること

確実に痩せるためには食事制限が必要不可欠です。しかし、食事制限だけのダイエットは筋肉を減らしてしまうため、必ず並行して筋力トレーニングを行う必要があります。

たんぱく質の摂取はとても重要

痩せるためにも栄養が必要です。特にたんぱく質が不足すると筋肉の減少量が大きくなるのでダイエット中でも必要量のたんぱく質を必ず摂取してください。

スポンサーリンク

フォローする

iHerbで買えるおすすめサプリ!

栄養管理の基本は「食事から」です。しかし、忙しい毎日の中で「管理された食事」を目指すことは、精神衛生上よくありません。
最小限、「サプリに頼っても良いのでは?」と考えています。

まず、食事の延長線として考えて欲しいのが、プロテインとカーボパウダーです。プロテインはタンパク質、カーボパウダーは糖質ですので、トレーニング後の摂取で「速やかな回復と筋合成」を促すことができます。

【ホエイプロテイン】

【カーボパウダー】

次に、ベースサプリメント。運動習慣のある人は多くの栄養を消費しますので、意図的に栄養素を摂取する必要があります。特に重要だと考えているのが、マルチビタミン&ミネラルとフィッシュオイルです。

【マルチビタミン&ミネラル】

【フィッシュオイル】

最後にヘルス・オプショナルサプリメント。

栄養補助目的ではなく、プラスアルファの効果を狙って摂取するサプリメントです。必須ではありませんが、BCAAは筋肉の成長を促し分解を抑制しますし、プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)はトレーニングの質を保つことにつながります。

【BCAA(分岐鎖アミノ酸)】

【プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)】

プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)に馴染みのない方も多いかと思いますが、単純に説明するなら「(すごく)効果のあるエナジードリンク」だと考えてもらえればよいかと思います。

※60ドル以上で佐川急便・ヤマト運輸の送料が無料です。
※合計15500円を超えると関税がかかります。

今、とにかく安いのがマイプロテイン

【コストパフォーマンスに優れたプロテイン】