スクワットがダイエットに効果的な理由

筋トレダイエットに取り組んでいるのであれば欠かすことのできない種目でもあるスクワット。トレーニング自体が辛いことに加えて、鍛えたとしてもあまり自慢できない(羨ましがられない)筋肉であることからトレーニングの嫌われ者でもあります。

しかし、本気で痩せたいと考えているなら絶対に足腰のトレーニングを除外してはいけません。今回は、「なぜスクワットがダイエットに効果的なのか?」についてレポートします。

スポンサーリンク

脚トレ(スクワットなど)の効果

人間の筋肉は、下半身(足腰)に集中しています。また、大きな筋肉がたくさんあるだけではなく、スポーツや日常生活などの実用的な面からも重要度の高い筋肉です。

筋肉量が最も多いのが下半身

筋力トレーニングと聞くと、胸や背中、お腹の筋肉を鍛えることだとイメージしていませんか。上半身のトレーニングは積極的に行っても、下半身のトレーニングは重要視していないのではないでしょうか。

全身の筋肉量の大半は足腰に集中しています。

全身の筋肉分布

全身の筋断面積を表すと上の画像のようになります。手書きなので正確とは言えませんが、大よそのイメージとしては間違っていません。下半身の筋肉量が多いのかが分かってもらえればOKです。

筋肉量の分布を考えると、代謝を良くして痩せるためには足腰を鍛えるのが最も効率的で無駄のないトレーニングだと言えるのです。それでも「細身のパンツがはけなくなるから下半身は鍛えない」という人もいるはずです。

しかし、ダイエット中(食事制限中)に極端に筋肉が大きくなることはありません。むしろ、筋肉が鍛えられることによって以前より引き締まって見える人のほうが多いはずです。

足腰は実用的な筋肉である

下半身の筋肉は「実用的な筋肉」だといわれています。多くのスポーツ競技では脚の筋力はパフォーマンス向上のベースになりますし、日常生活を健康に過ごすためにも欠かせない筋肉です。

加齢に伴う筋力の衰えは体重を支える下半身に顕著に表れます。

年齢によって筋肉が萎縮する(サルコペニア)は、全身の筋肉に対して均一に起こるものではなく、体重を支えている筋肉(抗重力筋)に対して顕著に起こることが確認されています。加齢によって「歩く」「立つ」などの日常生活が困難になっているのはこのためです。

ダイエットのためだけでなく将来の健康のためにも、脚トレ(スクワットなど)を取り入れていくことをおすすめします。

スクワットをすると成長ホルモンがたくさん分泌される

筋力トレーニングをすると成長ホルモンの分泌が促されることは有名です。成長ホルモンの分泌は大きな筋肉を刺激することによってより多く分泌されるそうです。

筋肉量の大半は足腰が占めている。

もう分かりますよね。上半身だけのトレーニングだけを実施するよりも下半身のトレーニングも行うことによって成長ホルモンが分泌されやすくなります。これによってアナボリックな体内環境(筋肉が成長して体脂肪が燃焼しやすい体内環境)を作り出すことにつながります。

胸板を厚くしたいからといって胸トレだけを行っているよりも、下半身のトレーニングと並行して実施したほうが効果が高いということです。

【まとめ】ダイエットのポイント

痩せたければスクワット

本気で痩せたいのであれば脚トレをやらない理由はありません。脚を鍛えてモテルということはないかもしれませんが、全身への影響を考えると「スクワットはダイエットに最も効果的な筋トレ」だと言えます。

スクワットをすれば体脂肪の燃焼効率も上がる

大きな筋肉を刺激することによって成長ホルモンの分泌が活発になります。結果として上半身のトレーニング効果も出やすくなり、体脂肪の燃焼も効率的に行われるようになります。

スポンサーリンク

フォローする

iHerbで買えるおすすめサプリ!

栄養管理の基本は「食事から」です。しかし、忙しい毎日の中で「管理された食事」を目指すことは、精神衛生上よくありません。
最小限、「サプリに頼っても良いのでは?」と考えています。

まず、食事の延長線として考えて欲しいのが、プロテインとカーボパウダーです。プロテインはタンパク質、カーボパウダーは糖質ですので、トレーニング後の摂取で「速やかな回復と筋合成」を促すことができます。

【ホエイプロテイン】

【カーボパウダー】

次に、ベースサプリメント。運動習慣のある人は多くの栄養を消費しますので、意図的に栄養素を摂取する必要があります。特に重要だと考えているのが、マルチビタミン&ミネラルとフィッシュオイルです。

【マルチビタミン&ミネラル】

【フィッシュオイル】

最後にヘルス・オプショナルサプリメント。

栄養補助目的ではなく、プラスアルファの効果を狙って摂取するサプリメントです。必須ではありませんが、BCAAは筋肉の成長を促し分解を抑制しますし、プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)はトレーニングの質を保つことにつながります。

【BCAA(分岐鎖アミノ酸)】

【プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)】

プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)に馴染みのない方も多いかと思いますが、単純に説明するなら「(すごく)効果のあるエナジードリンク」だと考えてもらえればよいかと思います。

※60ドル以上で佐川急便・ヤマト運輸の送料が無料です。
※合計15500円を超えると関税がかかります。

今、とにかく安いのがマイプロテイン

【コストパフォーマンスに優れたプロテイン】

コメント

  1. 本山ひろし より:

    ダイエットshingoも読ませて頂いてます。順調ですね。
    私も同じ本を買って読んでモチベーションをあげようとしていますが、
    かとり君のやり方は、ちょっと自分には難しいかなと思った次第です。
    筋トレ、トレッドミル、フットサルなど、あの量を、8週間後に続ける
    ことは、スポーツ選手でもない限り、ちょっと難しい気がします。
    その点、自重トレーニングを中心に無理のない運動は長続きして
    長期的にはよいのではと。
    ただ、なかなか目に見えて効果がでないのですが(笑)

    • TS@筋肥大渇望人 より:

      本山ひろしさん

      香取慎吾さんのトレーニング内容はハードですね。私も同じメニューを実践するのは時間的にも肉体的にも不可能だと思います。また、「ダイエットSHINGO」の香取さんにしても書籍を出版された数年後にはしっかりとリバウンドしていますし…。筋トレは継続してこそのものだと、つくづく考えさせられます。

      私の考えでは、標準体重の65kgまで減らすことができれば、後は身体の状態を確認しながら日常生活に無理のない範囲で筋トレを趣味としていければと考えています。憧れはFrank Medranoさんの動画ですが、あそこまで行くと芸術の範疇ですね。

      お互い、理想とするスタイルを目指して頑張りましょう。

  2. 本山ひろし より:

    Frank Medranoさんの動画初めて見ました。
    細マッチョで、ベジタリアンであそこまでできるのは凄いですね。
    私自身は、武術をやっていたので、当時から見せる筋肉よりも
    実践的な力(強さ)を重視してきました。
    最近は健康のためにも、あと見た目(格好良さ)という意味でも、
    ちょっと何とかしたいという異なる目的でスロトレをはじめたこともあり、
    あるべき理想についても、TSさんのブログや石井直方さんの書籍も参考にしながら
    考えていきたいと思います。
    今後ともよろしくどうぞ。

    • TS@筋肥大渇望人 より:

      あの動画は本当にすごいですよね。モチベーションが下がってきた時などに見るようにしているのですが、何度見ても惚れ惚れするのと同時に、自分の姿と見比べて泣きたくなっています。

      筋トレで付けた筋肉と実践的な動きの中で付けた筋肉の違いについては賛否両論ですね。私もサーフィンに夢中になっていた頃に「パドリングの強化をしたい」という気持ちから、背筋力と肩周りの筋肉を鍛えようとしたことがあるのですが、上手い人に聞いてみると「筋トレをするよりも数多く海に入ったほうが上達する」と言われた経験があります。

      恥ずかしながら、私の筋トレの目的は「とにかく見た目を良くしたい」という1点です。しかし、年齢を重ねてくるにつれて「趣味としての運動を続けたほうが良いのでは」という気持ちがあることは否めず、最近では太極拳の動きを見て「綺麗だな」と感じたりもしています。

      今後ともよろしくお願いします。