海外・国内産サプリメントの違いと注意点

筋トレダイエットに限らず、健康維持や美容・肌質改善など、様々な理由からサプリメントによる栄養摂取を行っている人は多いかと思います。そこで気になるのが「海外サプリと国産サプリの違い」ではないでしょうか?

今回は、海外サプリと国内サプリの違いについてレポートします。

スポンサーリンク

海外・国内でのサプリメントの違い

海外サプリと国内サプリの違いは「サプリメントに対しての考え方」の違いにあります。具体的に言えば、日本のサプリメントは「欠乏症予防」、アメリカのサプリは「健康を害するリスクの少ないギリギリの含有量」となっている場合が多いのです。

日本産サプリメントの特徴

国産サプリメントは「欠乏症を予防する」という目的のために作られています。このため、日本産のサプリメントでは「摂取した栄養素の効果を実感し難い」というデメリットがある反面、さほど知識のない人が適当にサプリメントを摂取しても「過剰症のリスクが少ない」というメリットがあります。

栄養は食事から摂取することが基本であることからも、本格的な”競技としてのトレーニング”を実施していて「必要栄養素が極端に多い」場合を除いては、欠乏症予防食品である国産サプリメントでも十分に目的を果たせるといえます。

アメリカ産サプリメントの特徴

海外産(主にアメリカ産)サプリメントは「このくらい摂取しても健康を害することは少ないであろう」というギリギリの含有量になっていることが多いのが特徴となります。これは、保険制度の違いなどから「日本とはサプリメントへの認識が違う」ということが影響していると言われています。

栄養成分の含有量が多いので、一見して「国産のものよりもアメリカ産のサプリメントの方が効果がある」と考えてしまいがちですが、過剰症などのリスクを考えると、一概に「多くの栄養素を摂取すれば良い」とは言えません。

本格的なトレーニング(アスリートのようなトレーニング)を実施していたり、よほど栄養管理についての知識が豊富でない限りは、国産サプリ(欠乏症予防サプリ)をオススメします。

【まとめ】サプリメントの国産・海外での違い

健康維持や欠乏症予防なら日本産のサプリ

一般的な筋トレダイエットの範疇であれば、欠乏症を防ぐことが”第一の目的”となります。気軽に購入できることからもネイチャーメイドやディアナチュラなどのような手に入れやすいサプリメントから取り入れてみてはいかがでしょうか。

アスリートのような運動習慣があるならアメリカ産サプリ

本格的なトレーニングをしていると消費される栄養素も格段に大きなものとなります。このような場合にはアメリカ産のサプリメントのように栄養素の含有量が多いサプリメントが適しています。しかし、当サイトのメインコンテンツでもある筋トレダイエット程度であれば国産サプリメントでも十分に事足りる範疇であるといえます。

スポンサーリンク

【iHerb】おすすめのサプリメント

栄養管理は、”食事から”であることが基本です。しかし、慌ただしい毎日の中で”完璧な栄養管理”を目指すことは、精神衛生上よくありません。
必要最小限、「サプリメントに頼っても良いのでは?」と考えています。

以下、(僕にとって)優先順位の高いサプリメントを表記します。

※60ドル以上で佐川急便、ヤマト運輸の送料が無料になります。
※合計15500円を超えると関税がかかります。

【MYPROTEIN】とにかく安いプロテイン

プロテインはゴールドスタンダードを購入することが多いのですが、とにかく安いプロテインを探しているのであれば”マイプロテイン”をおすすめします。

頻繁にセールを実施していますので、25~30%offを狙って購入してください。

※7500円以上で送料が無料になります。
※合計15500円を超えると関税がかかります。
※アフィリエイトリンクです。利用していただけると助かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。