運動(筋トレやジョギング)中に水分補給を我慢するメリットはひとつもない

little-102283_1280

トレーニングをしていると体温が上昇することから、想像以上に汗をかきます。速乾性のトレーニングウエアを着用していると気がつきにくいものですが、トレーニング中の発汗量は相当なものです。

そこで今回は、トレーニング中に重視するべき水分補給の方法と脱水症状の危険性をレポートしていきます。

スポンサーリンク

脱水症状の危険性と水分補給の重要性

トレーニング中に”のどの渇き”を我慢すると脱水症状や熱中症のリスクが高まります。集中していると気がつきにくいものですが、身体への異変を実感できるようになってからでは「遅すぎる」ので、こまめな水分補給を心がける必要があります。

トレーニング中の脱水症状には要注意

人間の体温を調整しているのは水分です。体内の水分は栄養素の運搬役であると同時に、体温の運搬役でもあります。水分が不足すればそれらの働きが正常に行われなくなり体温は加熱状態になってしまいます。

以下は水分の損失に伴う体への影響です。

  • [水分損失3%]運動能力の低下
  • [水分損失5%]熱疲労が顕著に
  • [水分損失7%]幻覚症状を示すようになる
  • [水分損失10%]深い昏睡状態になり、救急の処置が必要

このことからも体内の水分量は適切なレベルをキープすることが重要です。

水分補給と塩分摂取は分けて考えても問題ない

夏場になるとクローズアップされることの多い「水分補給と塩分摂取の重要性」ですが、水分補給に比べて、塩分の摂取については「積極的に摂取するべきだ」とは言えない部分があります。

もちろん脱水症状にはナトリウムの損失が大きく係わっています。しかし、ナトリウムの損失が影響するのは一時的なものです。通常の食事をバランスよく食べている場合であれば、次の食事で十分に回復できます。

一概には言えないのですが、多くの場合において自宅での筋トレ程度の運動レベルであればナトリウム不足を心配する必要はありません。過度に心配して、塩分過多になってしまうほうがデメリットが大きくなる可能性があります。水分補給の際の塩分摂取には十分に注意してください。

しかし、塩分過多によるデメリットよりも、塩分不足によって水分保持ができなくなる方が身体に対しての負担が大きいと書かれている書籍もあり、専門家の中でも意見が分かれているようです。

これらのことからも、自分自身の食事内容や発汗量を十分に注視しながら適切な水分補給を心がけていく必要があるといえます。

脱水が続くと腎臓障害の恐れ

喉の渇きを我慢することによって脱水症状の状態でも動ける体になること、いわゆる水耐性ができるということはありません。運動中に喉の渇きを我慢するメリットは何ひとつないのです。

また、脱水症状が引き起こすのは熱中症ばかりではありません。脱水状態が続くと尿の量が極端に減ってしまいます。少なすぎる尿量は腎臓障害にもつながるリスクがありますので、失われた水分量はこまめに補給するように心がけましょう。

【まとめ】筋トレ中の水分補給のポイント

トレーニング中であってもこまめに水分補給をすること

脱水は危険なばかりか、トレーニングの質を落としてしまうことにもなりかねません。その日の気温や運動量を考慮しながら水分補給を調整することによって、体内の水分量のバランスを正常に保つように心がけることが重要なポイントになります。

水を飲まないトレーニングには何の効果もないこと

ある程度の年代以上の方には、学生時代に「水を飲むな」と言われながら部活を行ってきた人もいるはずです。私はそんな世代です。しかし、水分補給をしないトレーニングには、百害あって一利なしです。季節に係わらず、こまめな水分補給を心がけましょう。

スポンサーリンク

フォローする

iHerbで買えるおすすめサプリ!

栄養管理の基本は「食事から」です。しかし、忙しい毎日の中で「管理された食事」を目指すことは、精神衛生上よくありません。
最小限、「サプリに頼っても良いのでは?」と考えています。

まず、食事の延長線として考えて欲しいのが、プロテインとカーボパウダーです。プロテインはタンパク質、カーボパウダーは糖質ですので、トレーニング後の摂取で「速やかな回復と筋合成」を促すことができます。

【ホエイプロテイン】

【カーボパウダー】

次に、ベースサプリメント。運動習慣のある人は多くの栄養を消費しますので、意図的に栄養素を摂取する必要があります。特に重要だと考えているのが、マルチビタミン&ミネラルとフィッシュオイルです。

【マルチビタミン&ミネラル】

【フィッシュオイル】

最後にヘルス・オプショナルサプリメント。

栄養補助目的ではなく、プラスアルファの効果を狙って摂取するサプリメントです。必須ではありませんが、BCAAは筋肉の成長を促し分解を抑制しますし、プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)はトレーニングの質を保つことにつながります。

【BCAA(分岐鎖アミノ酸)】

【プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)】

プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)に馴染みのない方も多いかと思いますが、単純に説明するなら「(すごく)効果のあるエナジードリンク」だと考えてもらえればよいかと思います。

※40ドル以上で佐川急便の送料が無料です。
※合計15500円を超えると関税がかかります。