ストレッチには筋肉の柔軟性が向上することにより「関節の可動範囲が広がる」「血液循環が促されてコリや冷え解消」などの効果があります。また、ストレッチとは本来とても”気持ちがいいもの”ですので、精神的なリラックス効果にも期待ができます。

しかし、ストレッチ(筋肉を気持ちよく伸ばす)というのは意外と難しい(テクニックがいる)ことで、自己流のストレッチは効果的でない場合が多くあります。そこで今回は、実際に読んで実践したストレッチ関連書籍の中からオススメの本を紹介します。

スポンサーリンク

オススメストレッチ関連書籍

ストレッチ(筋肉を伸ばして身体を整える)関連の書籍には、大きく分類して「運動生理学的なストレッチ」と「ヨーガなどのような健康法的なストレッチ」があります。一概にどちらが優れているという問題ではありませんので、気持ちよく継続できるものを選ぶことがポイントになります。

ストレッチ・メソッド

ストレッチ・メソッド

全身の細かな筋肉のストレッチ方法まで詳しく紹介されているのが「ストレッチ・メソッド」です。身体のコアを動かして芯からほぐしていくコアドリル、ストレッチのポイントを押さえてじっくり伸ばしていく静的ストレッチ、動きながら筋肉をほぐしていく動的ストレッチについて丁寧に説明されています。

また、悩み別ストレッチメニューとして、肩こり対策・腰痛対策・疲労回復・安眠対策・運動不足解消に効果的なストレッチメニューが紹介されていますので、「どのストレッチをすればよいのか悩む」様な場合でも安心です。

唯一欠点を挙げるとすれば「DVDが欲しかった」と切実に感じています。書籍だけだと”強制感”のようなものがなく、ついついサボってしまうのです。これは私の意志の問題ですので欠点とはいえないかもしれませんが、同じ内容でもDVD付きの書籍が販売されたら「間違いなく再購入する」と思っているほど内容的には満足のいくものです。

体質改善ストレッチ

体質改善ストレッチ

上記で紹介したストレッチメソッドは詳細まで細かく説明されているのですが、細かすぎるからこそ継続するのが難しいという問題もあります。もちろん、明確な目的(大胸筋下部を効果的にストレッチさせたいなど)があれば良書であることに間違いはないのですが、一般的なニーズ(手軽に身体を軟らかくしたいなど)としては多少難解すぎるように感じていたのです。

そこで、具体的に何をすれば良いのか? が明確に紹介されていて継続させやすいと感じたのが「体質改善ストレッチ」です。監修が石井直方さんですので、重要なポイントやコツが紹介されているのはストレッチメソッドと変わりは無いのですが、DVDが付属していることが大きな違いとなります。

DVDには全身ストレッチ・全身ストレッチ(短縮バージョン)・体幹ストレッチ・骨盤&股関ストレッチなど、9項目ものストレッチメニューが収録されており、1項目につき8~22分ですので”継続することが苦になりません”でした。

ヨガや自力整体など

ヨガや自力整体の効果というのは「ストレッチに特化したものではありません」ので、ストレッチ本として比較するのは良くないことなのかもしれません。しかし、実際に継続していくと「身体の柔軟性が向上するのは明らか」ですので、今回は比較対象として紹介していきます。

ヨガ関連書籍

ヨガ関連書籍

ヨガは呼吸法や瞑想によって”精神と身体のバランスを取る”というのが本来の目的となります。自律神経の働きを正常に戻す効果があるので、ストレスや不安感を感じやすい人には最適な健康法とも言えます。

また、ヨガのポーズを完成させることによって”身体の柔軟性を高める”という効果が高いことも特徴のひとつですので、”呼吸に合わせて身体をコントロールする”という感覚が苦にならないのであればオススメのエクササイズだといえます。

数冊のヨガ関連書籍やDVDを試してみたのですが、これから自宅でヨガをはじめる初心者の場合でしたら、基本的なポーズだけを丁寧に紹介している「シンプルヨーガLesson」というDVD付き書籍がオススメです。

自力整体関連書籍

自力整体関連書籍

自力整体はその名の通り「自力で整体する(筋肉のコリをほぐす)」ことが目的になっています。自体重を利用し、身体を揺らしながら筋肉をほぐしていくので「ストレッチ中の心地よさが大きい」というのが私の率直な感想になります。

しかし、自力整体のDVDに収録されているメニューを実施するのには”まとまった時間が必要”というのが最大のデメリットだと感じています。自力整体のDVDは「首・肩こり・猫背が治る」「腰痛、O脚、冷え性が治る」「正しい姿勢になる」という3つの項目から構成されているのですが、1項目につき30分ほどの時間がかかる(ショートメニューがない)ので私は挫折してしまいました。

それでも1週間ほどの継続後には驚くほど身体の柔軟性が向上して体調が良くなったことからも、継続できるのであればオススメできるストレッチ方法だと感じています。

【まとめ】おすすめのストレッチ本に関するポイント

正しい知識はとても重要

これまで自己流のストレッチをしていたのであれば、正しい知識を手に入れることによって驚くほど筋肉が伸びるようになります。もちろん柔軟性を実感できるようになるまでには”ある程度の時間がかかります”が、正しいストレッチは気持ちが良いものだということを実感するためにも知識は重要です。

これまで継続できなかったのであればDVDがオススメ

ストレッチ(筋肉の柔軟性向上)に限らず、身体を変化させるためには”継続すること”が重要になってきます。DVDなら、ある種”強制感”のような気持ちが起こるので挫折してしまうリスクを最小限に抑えることにつながります。