筋肉痛になって分かった、便秘と腹筋の密接な関係性

person-731159_1280

便秘の解消には「腹筋を鍛えると良い」というのは、誰もが知識としては知っている事だと思います。しかし、具体的に「なぜ腹筋を鍛えることが便秘の解消につながるのか?」については有耶無耶なままになっていないでしょうか?

そこで今回は、ひどい筋肉痛になったからこそ実感できた「便秘と腹筋力の関係性」についてレポートしていきます。

スポンサーリンク

排便における腹筋の重要性

便秘の根本的な解消には、腸内環境の健全化や毎日の食生活のバランスなどに加えて、適切な筋力と運動習慣が重要な要素となります。

しかし、筋力が一時的に低下してしまう”筋肉痛”の状態においては、普段から快便の人であっても便秘になってしまうことがありますので注意が必要です。

スムーズな排便には腹筋力が必要不可欠

便意とは、腸のぜん動運動によって便が直腸まで下りてきた状態で起こるのが通常です。直腸付近まで下りてきた便は、下腹部の力を使って”いきむ”ことによってスムーズに排泄されます。

こうしていきむことで、腹圧がかかって腸が刺激され、排便を促進するのです。この際に、特におなかの中央を縦に走る腹直筋の力を使います。腹直筋をはじめとした腹筋は加齢によって衰えやすいので、日ごろから鍛えておくことが重要です。

引用元:松生恒夫「排便力が身につく本」

腹筋の力が弱いと、十分な腹圧をかけられないためにスムーズな排便が難しくなります。高齢者が便秘になりやすい原因の多くは「筋力の低下によるもの」であると考えられているほど便秘と腹筋には密接な関係性があります。

腹筋を鍛えていると、腸の落ち込みを防ぐことができる

あまりにも筋力が弱いと、腸が正常な位置をキープすることができずに骨盤周辺まで落下してしまうことがあることをご存知でしょうか? 筋肉には「外見的なたるみを防止する」だけではなく、「腸を正常な位置にキープする」という働きもあるのです。

特に落下腸は女性に多い傾向があるのですが、その理由の一つは、おなかまわりの筋肉が男性より少ないことも考えられます。腹筋がついていると、腹筋の支えで腸が骨盤にまで落ち込むのを防ぐことができるので、鍛えておいて損はありません。

引用元:水上健「女はつまる男はくだる」

腸が正しい位置をキープできていないと、「便が直腸まで下りていきにくくなる」ことから、慢性的な便秘になってしまうリスクが高まります。このことからも、無理なダイエットによって筋肉を減らしてしまうことがないように注意してください。

運動自体が腸のぜん動運動を起こりやすくする

また、「運動をしていたら便意をもよおした」という経験をしたことのある人も少なくないのではないでしょうか? 運動によって腸が刺激されると、腸のぜん動運動が起こりやすくなり、便意をもよおしやすいという特徴があります。

腹筋を鍛えると、排便がスムーズになるだけではなく、腸のぜん動運動も起こりやすくなり、腹部の血行もよくなります。

引用元:松生恒夫「排便力が身につく本」

しかし、ウォーキングやジョギングのような有酸素運動では”腸への刺激”という点で役不足であるとされています。根本的に便秘を解消したいのであれば、腹筋を鍛えることと、ひねるような運動を取り入れることがポイントになります。

過度な筋肉痛によって便秘になることは大いにありえる

これらのことから、「腹直筋の筋肉痛が便秘の原因になりえること」だということは明らかです。もちろん、一時的な筋力の低下によって落下腸の原因になるとは考えられませんが、腹圧の低下が便秘の原因になっているということは容易に想像できます。

【まとめ】腹筋と便秘の関係性

筋肉痛が便秘の原因にあることは十分にありえる

筋肉痛が便秘の原因になるのは「腹圧を高めることが難しくなっている」ためです。筋肉痛は一時的なものですので、便秘薬に頼らずとも、筋力の回復に伴って自然な排泄ができるようになります。

慢性的な便秘であれば、有酸素運動よりも筋トレがオススメ

便秘解消の為には、腹部(特に腹直筋下部)の筋力がとても重要な要素のひとつとなります。特に女性で便秘に悩んでいるのであれば、定期的な腹筋運動を継続してみることをオススメします。

スポンサーリンク

フォローする

iHerbで買えるおすすめサプリ!

栄養管理の基本は「食事から」です。しかし、忙しい毎日の中で「管理された食事」を目指すことは、精神衛生上よくありません。
最小限、「サプリに頼っても良いのでは?」と考えています。

まず、食事の延長線として考えて欲しいのが、プロテインとカーボパウダーです。プロテインはタンパク質、カーボパウダーは糖質ですので、トレーニング後の摂取で「速やかな回復と筋合成」を促すことができます。

【ホエイプロテイン】

【カーボパウダー】

次に、ベースサプリメント。運動習慣のある人は多くの栄養を消費しますので、意図的に栄養素を摂取する必要があります。特に重要だと考えているのが、マルチビタミン&ミネラルとフィッシュオイルです。

【マルチビタミン&ミネラル】

【フィッシュオイル】

最後にヘルス・オプショナルサプリメント。

栄養補助目的ではなく、プラスアルファの効果を狙って摂取するサプリメントです。必須ではありませんが、BCAAは筋肉の成長を促し分解を抑制しますし、プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)はトレーニングの質を保つことにつながります。

【BCAA(分岐鎖アミノ酸)】

【プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)】

プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)に馴染みのない方も多いかと思いますが、単純に説明するなら「(すごく)効果のあるエナジードリンク」だと考えてもらえればよいかと思います。

※40ドル以上で佐川急便の送料が無料です。
※合計15500円を超えると関税がかかります。