自宅での筋トレでもダンベルを購入するべき理由

fitness-594143_1280

自宅での筋トレをするのであれば、ダンベルがあると、より効率的で短期間に効果を実感することができます。しかし、「できることならダンベルは購入したくない」と考えるのは当然のことだと思うのです。

置き場所に困ることもあるでしょうし、引越しなどのことを考えると…。また、もし筋トレに挫折してしまったらダンベルを処分するのも面倒ですよね? これらのことを踏まえた上で、「なぜ、ダンベルが必要なのか?」についてレポートします。

スポンサーリンク

ダンベルの使用をおすすめする理由

ダンベルを使わなくても「それなりに鍛えている身体」を作り上げることは可能です。しかし、ダンベルを使わないと「トレーニングに時間がかかる」「効果を得るまでに時間がかかる」という問題があります。

簡単に言ってしまえば「ダンベルは時間短縮のためのアイテム」といってしまっても間違いではありません。

負荷を調整できる

ダンベルのカラー

ダンベルを使用することのメリットのひとつに「負荷を調整できること」があります。

筋肉を効率的に成長させるためには”8RM(8回が限界になる負荷)”であることが重要だというのは聞いたことがあるかと思いますが、筋トレにありがちな間違いとして「1セット8回やればいい」と考えてはいけません。

8回が限界になるようにしなければいけないのです。

そのためには負荷を調整できる可変式ダンベルというのは、とても効果的なトレーニング器具で、鍛えたい筋肉に対して”負荷を変えられる”ことから、無駄のないトレーニングが行えるようになります。

無駄のないトレーニングというのは短時間でのトレーニングにつながり、結果として「最小限の労力で筋肉を鍛える」ことができます。

このことからも、もしダンベルを購入するのであれば”重量固定式”のダンベルではなく、”重量調整式”のダンベルを購入することをおすすめします。簡単に言うならば、「鉄アレイは止めておいた方が良い」ということです。

重量に関しては、男性の場合、ある程度見栄えのする体が目標だとしても、40キロセットのダンベル(20キロ×2)を準備すれば効果的なトレーニングメニューを組むことができます。

ネットなどでは60キロセットが推奨されていますが、私の実感としては40キロセットでも十分ですし、20kgセット(10キロ×2)でも良いのではないかと考えているほどです。

負荷不足が心配であれば、気軽にプレートを買い足せるメーカーのダンベル購入しておけば問題ありません。

トレーニング時間の短縮になる

フラットベンチとキッチンタイマー

筋トレにダンベルを使用すると圧倒的にトレーニング時間が短くて済みます。

自重トレーニングだとある程度のセット数を重ねないと”追い込む”ことが難しいのですが、ダンベルによって負荷を増やせば「少ない回数(セット数)でも追い込める」ということが大きなメリットだと感じています。

自重トレーニングに効果がないと言っているわけではありません。

しかし、筋トレ初心者にとって”筋肉を追い込む”というのは、とても難しく、ある程度のテクニックが必要となります。最短で筋トレの効果を得たい(実感したい)という場合には適していないのです。

適切な負荷でのトレーニングができる環境が整っていれば、ある程度のフォームの悪さ(テクニックのなさ)はダンベルの重量がカバーしてくれます。

また、フォームを習得するに従ってダンベルトレーニングの効果が高くなっていくことからも”伸び悩み”のリスクが少なくなるのもメリットとなります。

筋肥大には時間がかかります。

最短で筋力トレーニングの効果を実感するということはモチベーションを維持するためにも無視できないポイントです。これらのことからも、設置するスペースを確保できるのであれば、ダンベルとフラットベンチを使用することをおすすめします。

【まとめ】自宅筋トレでダンベルをおすすめする理由

ダンベルとフラットベンチがあれば全身を鍛えることができる

ダンベルを使用する際にはフラットベンチがあると飛躍的に筋トレ種目の幅が広がります。ダンベルとフラットベンチがあれば全身を鍛えれれるといっても過言ではありません。

効果を実感しやすいのでモチベーションが保てる

筋力トレーニングの効果(筋肥大)には最低でも2~3ヶ月の時間がかかります。適切な負荷をかけられるダンベルトレーニングは、効果を実感しやすいという特徴があります。

スポンサーリンク

フォローする

iHerbで買えるおすすめサプリ!

栄養管理の基本は「食事から」です。しかし、忙しい毎日の中で「管理された食事」を目指すことは、精神衛生上よくありません。
最小限、「サプリに頼っても良いのでは?」と考えています。

まず、食事の延長線として考えて欲しいのが、プロテインとカーボパウダーです。プロテインはタンパク質、カーボパウダーは糖質ですので、トレーニング後の摂取で「速やかな回復と筋合成」を促すことができます。

【ホエイプロテイン】

【カーボパウダー】

次に、ベースサプリメント。運動習慣のある人は多くの栄養を消費しますので、意図的に栄養素を摂取する必要があります。特に重要だと考えているのが、マルチビタミン&ミネラルとフィッシュオイルです。

【マルチビタミン&ミネラル】

【フィッシュオイル】

最後にヘルス・オプショナルサプリメント。

栄養補助目的ではなく、プラスアルファの効果を狙って摂取するサプリメントです。必須ではありませんが、BCAAは筋肉の成長を促し分解を抑制しますし、プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)はトレーニングの質を保つことにつながります。

【BCAA(分岐鎖アミノ酸)】

【プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)】

プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)に馴染みのない方も多いかと思いますが、単純に説明するなら「(すごく)効果のあるエナジードリンク」だと考えてもらえればよいかと思います。

※40ドル以上で佐川急便の送料が無料です。
※合計15500円を超えると関税がかかります。