ダイエット中にカップラーメンを食べてもよいのか?

thai-food-263880_1280

カップラーメンといわれると「体に悪い」「ダイエット中は絶対に食べてはいけない」というイメージから食べるのを我慢している人も多いはずです。

ダイエットの基本はカロリー収支のバランスでしかありません。当然ながら、カップラーメンを食べていても痩せることは可能ですし、無理に我慢をして過度なストレスにつながってしまうよりは良い選択だといえます。

ではなぜカップラーメンがダイエットに不適切なのかについてレポートします。

スポンサーリンク

カップラーメン単体では栄養素のバランスが悪すぎる

ダイエット カップラーメン

残念ながら、カップラーメンをはじめとしたジャンクフードの多くは栄養バランスに過度な偏りがあります。具体的には炭水化物と脂質が多く、たんぱく質が少ない傾向にあります。

また、カロリーはあるのに微量栄養素(ビタミン、ミネラル)が少なく、いわゆるエンプティーカロリーな食品の代表格だともいえます。

このことからもジャンクフードを食べてしまうと、必要な栄養素を摂取しずらくなったり、栄養素を摂取しようとすると過度なカロリーオーバーになってしまうというリスクがあるのです。

ダイエット カップラーメン

たんぱく質や微量な栄養素を摂取するという点だけで考えれば、プロテインや各種栄養素のサプリメントなどによって補うことが可能です。

しかし、サプリメントは特定の栄養素しか摂取できません。どう考えても食品から摂取するよりもバランスが悪く、リスクを伴う栄養摂取になってしまいます。

※プロテインやサプリメントでも、栄養を摂取しないよりはだいぶマシですが…。

味が濃く、食品添加物などの影響で食欲が増す

ダイエット カップラーメン

ジャンクフードには塩分や食品添加物が多く含まれているというデメリットも見逃してはいけません。

塩分の多さは各種生活習慣病の原因にもなりますし、人工的な旨味成分が直接的に味覚を刺激するので食欲をコントロールするのが難しくなります。

一つひとつの成分を挙げていけばキリがありませんが、普段の食事と比べるとカップラーメンに含まれる成分はダイエット時には避けたほうが良いものばかりです。

しかし、簡単に作れて意外と美味しいカップラーメンは絶対に食べてはいけない食品というわけではありません。長期的なバランスを考えながらも「食べたければ食べる」くらいのスタンスで考えても問題ないかと思います。

その場合、少なくても野菜ジュースを一緒に摂取するくらいの気持ちが大切なのかもしれません。

【まとめ】ダイエット時にカップラーメンを食べたくなった時のポイント

カップラーメン単体ではなくバランスを考えて食べること

ジャンクフードのデメリットはなんといってもカロリーの高さと栄養バランスの悪さです。カップラーメンの主な栄養素は脂質と炭水化物に偏ったものです。食べてはいけないわけではありませんが、単体で食べるのではなくバランスを考えて食べるようにしましょう。

無視することはできない食品添加物

カップラーメンをはじめとした多くの加工食品には大量の食品添加物が含まれています。食べたからといってすぐに健康に影響を与えるものではありませんが、食欲が増したりイライラしたりと、ダイエット時には悪影響でしかありません。

スポンサーリンク

フォローする

iHerbで買えるおすすめサプリ!

栄養管理の基本は「食事から」です。しかし、忙しい毎日の中で「管理された食事」を目指すことは、精神衛生上よくありません。
最小限、「サプリに頼っても良いのでは?」と考えています。

まず、食事の延長線として考えて欲しいのが、プロテインとカーボパウダーです。プロテインはタンパク質、カーボパウダーは糖質ですので、トレーニング後の摂取で「速やかな回復と筋合成」を促すことができます。

【ホエイプロテイン】

【カーボパウダー】

次に、ベースサプリメント。運動習慣のある人は多くの栄養を消費しますので、意図的に栄養素を摂取する必要があります。特に重要だと考えているのが、マルチビタミン&ミネラルとフィッシュオイルです。

【マルチビタミン&ミネラル】

【フィッシュオイル】

最後にヘルス・オプショナルサプリメント。

栄養補助目的ではなく、プラスアルファの効果を狙って摂取するサプリメントです。必須ではありませんが、BCAAは筋肉の成長を促し分解を抑制しますし、プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)はトレーニングの質を保つことにつながります。

【BCAA(分岐鎖アミノ酸)】

【プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)】

プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)に馴染みのない方も多いかと思いますが、単純に説明するなら「(すごく)効果のあるエナジードリンク」だと考えてもらえればよいかと思います。

※40ドル以上で佐川急便の送料が無料です。
※合計15500円を超えると関税がかかります。