健康維持のために何かしていますか? ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動、発酵食品を積極的に食べて腸内環境を整える、少食にして内蔵機能に負担がかからないようにするなど、様々な健康法を実践されているのではないかと思われます。

今回は、”健康を維持する方法”としていの筋トレのメリットについてレポートしていきます。

スポンサーリンク

筋トレと健康の深い関係性

適切な筋トレを実施して筋力をつけると、「身体のゆがみが解消する」「血流が良くなり、慢性的な肩こりや冷えが解消する」「体幹(コア)が天然のコルセットのような働きをして腰痛の解消・予防」などの効果を得ることができます。

筋肉に良い生活は健康にも良い生活になる

筋トレと聞くと、「必死な顔をしてトレーニングに取り組む姿」だけを想像する人が大半だと思いますが、実際に筋トレの効果を得るためには「トレーニング・栄養摂取・休息(睡眠)」という3つの項目が必要不可欠になります。

筋トレの効果(筋力の向上・引き締めなど)を得るために守るべき「運動習慣・バランスの良い食生活・十分な睡眠」が、直接的に健康維持につながることが多いのです。また、筋トレによって分泌が促進される成長ホルモンやテストステロンといったホルモンには、様々な健康・美容効果が確認されています。

筋肉をよく動かすことで、内分泌器官の働きが活性化され、前述のホルモンの分泌量が上昇します。成長ホルモンで新陳代謝が高まれば、全身細胞が活性化されると考えられます。

引用元:石井直方「一生太らない体のつくり方」

以上のことからも、健康維持のためには筋トレ(トレーニング・栄養管理・休息)を習慣化させることが重要であると考えられます。

筋力を維持すると活動的になれる

筋力が付いてくると日常生活でも活動的になれます。これは、筋力が付いてくると楽に動けるようになるためです。体がスムーズに動くので、これまで面倒だと感じていたことでも、苦痛に感じなくなり面倒だという気持ち自体がなくなります。

筋トレを継続していると毛細血管が発達していくので、全身の血流が改善して体が軽く感じられるようになるのも特徴です。考えに行き詰っている時には、軽く運動や散歩をしただけでもスッキリとして気持ちが楽になりますよね。血流を改善するということは体だけではなく心の健康にも影響を及ぼします。

体と心、両方のバランスが整っていてこそ、本当の意味での健康です。そして、その健康を維持しやすい最も簡易的な方法というのが筋力トレーニングになるのです。

【まとめ】筋トレが健康維持に効果的な理由

活発に動けるを手に入れること

健康になるためには動ける体を手に入れることが重要なポイントとなります。そして、動ける体を手に入れるために最も効果的なテクニックが筋トレ(トレーニング・栄養・休養など)です。

活動的になるから心の健康も手に入れられる

筋力が付いてくると頑張らなくても動けるようになってきます。そして、活動的に動くからこそ全身の血流が増えて体や心の不調が改善されていきます。