ダイエット中の運動において、「ムキムキになりたくないから筋トレはしない」という女性を目にすることがあります。そういっている人の大半は、ジョギングやステッパーなどの有酸素運動によってダイエットをしようとしています。

そういった有酸素運動だけのダイエットで、スムーズに痩せられているでしょうか。おそらく長時間の運動を習慣化させることができずに「計画途中で挫折」してしまっている人が多いのではないかと想像できます。(実際、私の周りでは桜の季節にジョギングをはじめて、ゴールデンウィークまでには挫折してしまっている人を多く見かけます)

今回は、女性のダイエットにも筋トレが効果的な理由をレポートしていきます。

スポンサーリンク

女性のダイエットに筋トレをおすすめする理由

女性の場合、よほど本格的な筋力トレーニングを長期間実施しなければ”ムキムキ”にはなりませんし、筋肉が大きくなったとしても男性のような身体つきになることはありません。また、女性らしい体型というのは脂肪が作るものではなく、筋肉が形づくるという点を見逃してはいけません。

筋肉を大きくするのは男性ホルモンの影響

女性が筋トレをしても極端に大きな筋肉なることはありません。それどころか筋トレをすることによって引き締まって見えるはずです。

筋肉が大きくなることには男性ホルモンが大きく係わっています。男性ホルモンの分泌量の少ない女性がどれだけ筋力トレーニングをしても、男性のように大きな筋肉を手に入れることはできない(難しい)のです。

筋の発達には男性ホルモン(アンドロゲン)が深く関係しています。そもそも、最も代表的なアンドロゲンであるテストステロンの分泌量には大きな男女差があり、この差が全体としての筋量の差に関係すると考えられています。

引用元:石井直方「究極のトレーニング」

また、筋トレダイエットとは筋トレ+食事管理のことです。男性ホルモンの分泌が活発な若い男性だとしても、食事制限においてアンダーカロリーの状態ではどれだけ筋トレをしても満足に筋肉を成長させることはできません。

これらのことからも、女性がダイエット中にどれだけ筋トレをしてもムキムキの体にはなりませんし、むしろダイエットによる筋肉量低下を防止するためにも積極的に取り組むべき運動だと言えます。リバウンド防止のためにも、安心して筋トレダイエットに取り組んでください。

リバウンド防止と美容のためにも筋トレダイエット

ダイエットの最も難しいところは「リバウンドする」ことにあります。頑張って体重を減らしても”普通の食事”に戻したとたんにリバウンドしてしまっては意味がありませんし、間違ったダイエットでリバウンドしてしまった体重の多くは体脂肪の増加によるものですので注意が必要です。

では、なぜリバウンドしてしまうのか?

その原因の多くは「筋肉量の減少」によるものです。ダイエットの基本でもある”摂取カロリーの制限”をすると簡単に体重が落ちていくのですが、食事制限だけで減らした体重の多くは筋肉量の減少です。ダイエット中にいかに筋肉量を減らさないかが、リバウンドし難いダイエットの本質になります。

また、筋トレには美容効果があるとされています。

筋肉をよく動かすことで、内分泌器官の働きが活性化され、前述のホルモンの分泌量が上昇します。成長ホルモンで新陳代謝が高まれば、全身細胞が活性化されると考えられます。

[※前述のホルモン:成長ホルモン・性ホルモン・副腎皮質ホルモンなど]

引用元:石井直方「一生太らない体のつくり方」

筋トレダイエットは、リバウンドし難いばかりか、痩せて綺麗になれるダイエット方法です。太りにくい身体というのは筋肉量が多く、老廃物をスムーズに代謝することのできる柔軟性のある筋肉を持っている体のことを言います。

女性らしい体型というと、体脂肪によって作られていると勘違いされている面がありますが、実際には「骨格とそれに付いている筋肉」が形づくっています。ホルモンバランスの影響からも、女性が筋トレをすると女性らしい体型になれるのです。

筋トレは短時間で実施できるエクササイズです。1日たった5分でも2~3ヵ月後には確実に体型が変化していきます。リバウンドし難い女性らしい体型を作るために、今日から筋トレダイエットをはじめてみてはいかがでしょうか。

【まとめ】筋トレダイエットのポイント

女性が筋トレをしてもムキムキにはならない

ホルモンバランスの関係で、女性がどれだけ筋トレをしても男性のように大きな身体になることはありません。むしろ筋肉をつけることによってメリハリのある体型になれます。

筋肉を減らしてしまうとリバウンドの原因になる

筋肉はエネルギー消費の大きな細胞です。食事制限だけのダイエットで筋肉を減らしてしまうと、高い確率でリバウンドしてしまうことになります。見た目にも悪影響を与えますので、ダイエットの際には「筋肉量の減少」に気をつけてください。