バランスの悪い食事管理ではスムーズに痩せられない

coins-1015125_1280

ダイエット中の食事管理というと、ついつい”カロリー計算重視の食事管理”になりがちです。ダイエットの基本は「エネルギーの赤字」を作り出すことですので、食事管理中にカロリー計算をすることは間違いではありません。

しかし、カロリー収支が適切でも、栄養バランスが極端に崩れている食事管理では”スムーズに痩せることは難しくなります”ので注意が必要です。今回は、「バランスの悪い栄養管理では痩せられない」理由についてレポートします。

スポンサーリンク

痩せやすい食事バランスとは

太る原因は過剰なカロリー摂取です。しかし、どれだけ摂取カロリーをカットしても栄養バランスの崩れた食生活では長期的に見れば肥満の原因になりかねません。栄養摂取の基本はバランス。PFC(たんぱく質・脂質・糖質)のバランスを重視して、健康的に太りにくい体質に改善させていくことを心がけましょう。

3大栄養素の働き

カロリーを持つ栄養素は、P(プロテイン):たんぱく質、F(ファット):脂質、C(カーボ):糖質の3種類のみです。人気の食事管理方法に糖質制限ダイエットなどがありますが、短期的に見れば確かに痩せるのですが、長期的に見れば健康を害する恐れのある食事管理方法ですので注意が必要です。

大切なのはバランスよく食べること。まずは3大栄養素の働きを知って、3大栄養素の必要性を認識することが健康的な食事管理をするうえでの大前提となります。

  • [たんぱく質(プロテイン)]体は日々、分解と合成が繰り返しています。不足すると体を維持することが困難になります。
  • [脂質(ファット)]エネルギー源として働くほか、細胞膜、血液、ホルモンの材料になるので不足すれば体調を崩す原因になります。
  • [糖質(カーボ)]体温の維持、脳や神経系、筋肉運動のエネルギー源になります。不足すると体温や生活活動が低下します。

いずれの栄養素もなくてなはならないものです。特にたんぱく質はダイエット中に不足しがちな栄養素ですので、くれぐれも肉や魚、豆類などを食べないダイエットは行わないように注意してください。

たんぱく質が不足すると、確実に筋肉量が減少するため「太りやすく痩せにくい体質」へ向かうことになります。

理想的なPFCバランスとは

日常生活でも、ダイエット中でも、理想的なPFCのバランスは、たんぱく質:20パーセント、脂質:25パーセント、糖質:55パーセントだといわれています。しかし、1食1食でこのバランスをとるのは難しく、現実的ではありません。

食事管理は短期間で考えるのではなく、2~3日単位で帳尻を合わせるように心がけることが基本となります。

例えば、朝食で野菜を食べることができなければ、昼食と夕食で意識的に野菜を摂取する。夕食で肉類を食べ過ぎたとおもったら翌日の動物性たんぱく質と脂質を抑えるようにしてバランスをとります。

PFCのバランスを意識した食事管理は、ダイエット中の摂取カロリーが制限された状態では特に難しくなってきます。プロテインパウダーやビタミン・ミネラル剤などのサプリメントを効果的に活用することで食事管理の煩わしさは幾分軽減されるはずです。

【まとめ】バランスを重視した食事管理

偏った栄養バランスは太る原因

3大栄養素のバランスが偏った食事管理は、ダイエットに失敗する原因にもなりかねません。糖質制限や脂質制限を行うことなく、バランスを重視した食事管理を心がけましょう。

1食ではなく長期的にバランスを整えること

短いスパンで食事管理をすると必ず失敗します。ご飯を食べ過ぎたとおもったら、次の食事でご飯の量を減らすなどして、長期的に帳尻を合わせるようにしてください。

スポンサーリンク

フォローする

iHerbで買えるおすすめサプリ!

栄養管理の基本は「食事から」です。しかし、忙しい毎日の中で「管理された食事」を目指すことは、精神衛生上よくありません。
最小限、「サプリに頼っても良いのでは?」と考えています。

まず、食事の延長線として考えて欲しいのが、プロテインとカーボパウダーです。プロテインはタンパク質、カーボパウダーは糖質ですので、トレーニング後の摂取で「速やかな回復と筋合成」を促すことができます。

【ホエイプロテイン】

【カーボパウダー】

次に、ベースサプリメント。運動習慣のある人は多くの栄養を消費しますので、意図的に栄養素を摂取する必要があります。特に重要だと考えているのが、マルチビタミン&ミネラルとフィッシュオイルです。

【マルチビタミン&ミネラル】

【フィッシュオイル】

最後にヘルス・オプショナルサプリメント。

栄養補助目的ではなく、プラスアルファの効果を狙って摂取するサプリメントです。必須ではありませんが、BCAAは筋肉の成長を促し分解を抑制しますし、プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)はトレーニングの質を保つことにつながります。

【BCAA(分岐鎖アミノ酸)】

【プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)】

プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)に馴染みのない方も多いかと思いますが、単純に説明するなら「(すごく)効果のあるエナジードリンク」だと考えてもらえればよいかと思います。

※40ドル以上で佐川急便の送料が無料です。
※合計15500円を超えると関税がかかります。