サプリメントの種類は「栄養補充」「健康維持」「改善目的」に分類されます。

サプリメントは、正しく使用すれば「栄養管理を強力にサポート」してくれる心強い味方になります。しかし、「何を選べばよいのか?」など、目的が明確になっていなければ必要な成分を選択することができません。

もちろん、サプリメントを摂取したからといって「食事管理が疎かに」なってしまっては意味がありません。

まずは、正しくサプリメントを活用できるようになるためにも、「サプリメントの分類」について知っておきましょう。

スポンサーリンク

サプリメントは目的によって3つに分類できる

サプリメントの種類は、大きく3つに分類することができます。

  • ペースサプリメント:栄養欠損補充が目的
  • ヘルスサプリメント:ベースサプリ+αの健康増進
  • オプショナルサプリメント:機能性があり「改善」が目的
サプリメント(錠剤)の画像

サプリメント(錠剤)の画像

ベースサプリメントは、栄養欠損補充を目的としているサプリメントです。五大栄養素(タンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル)を摂取することで、「体の基礎をみなおす」「欠乏症対策」などに有効です。

ヘルスサプリメントは、「ベースサプリメント+α」のようなイメージです。

オプショナルサプリメントとは、機能性のある成分を有するサプリメントのことで、「何らかの改善」を目的として摂取するサプリメントです。主にハーブや薬草類のサプリメントのことを指します。

栄養欠損補充を目的としたベースサプリメント

ベースサプリメントとは、日常での食事から摂取しなければいけない栄養素(五大栄養素など)のサプリメントです。食事での栄養管理がしっかりしているのであれば「必要のないサプリ」ということもできます。

プロテインスプーンでプロテインをすくっている画像

プロテインスプーンでプロテインをすくっている画像

プロテイン、ビタミン&ミネラル、食物繊維(ファイバー)、乳酸菌など、一般的に知られている栄養素がベースサプリメントに分類されています。

  • タンパク質が不足している→プロテイン
  • 野菜不足→ビタミン&ミネラル、食物繊維など
  • 発酵食品を食べていない→乳酸菌など

所謂、「栄養欠損補充」を目的とするのがベースサプリメントの特徴です。

健康維持・増進を目的としたヘルスサプリメント

ヘルスサプリメントとは、全身の体調調整機能にかかわり、健康の維持や増進に役立つ成分のサプリメントを指します。

ベースサプリメントが「欠乏症対策」であったのとは違い、ヘルスサプリメントは「個人の価値観や体質に応じて選択するサプリメント」です。

エビオス錠の画像

エビオス錠の画像

イソフラボン、ローヤルゼリー、青汁、プロポリス、ビール酵母など、健康維持や増進に関わるサプリメント全般がヘルスサプリメントに分類されています。

【補足】ヘルスサプリメントには「明確なエビデンス(証拠、根拠)がない」ものが多数ありますので、実際の「自分への効果をどのように判断するか?」が重要なポイントとなります。

改善を目的としたオプショナルサプリメント

オプショナルサプリメントとは、その機能性がある程度限定されている「改善」を目的とした成分を含むサプリメントのことを指します。

普段の食生活では摂取することのない(ほぼ、摂取する機会のない)成分が多いことから、不用意な摂取には「リスクがある可能性がある」サプリメントになります。

アシュワガンダの画像

アシュワガンダの画像

イチョウ葉、セントジョンズワート、ノコギリヤシ、マカなどがオプショナルサプリメントに分類される成分です。

オプショナルサプリメント(機能性サプリ)には、「効能があるとされている食品(成分)」が使用されています。中には「海外では治療薬として処方されている成分」も少なくありませんので、使用の際には注意が必要です。

オプショナルサプリメントを使用する際には、パッケージの原材料や含有量を調べ、ネットや書籍などで「用法、用量を調べてから使い始める」ことを心がけましょう。

【まとめ】サプリメントは目的を持って選ぶこと

サプリメントは、その目的によって「ベースサプリメント」「ヘルスサプリメント」「オプショナルサプリメント」の3種類に分類することができます。

  • ベースサプリメント:五大栄養素の栄養欠損補充
  • ヘルスサプリメント:摂取量の少ないオプショナルサプリ
  • オプショナルサプリメント:機能性を持つ

食事管理のサポートとして利用するのであれば「ベースサプリメント」が適していますし、「体の不調を改善させたい」という目的があるのであれば「オプショナルサプリメント」が適しています。

スポンサーリンク

フォローする

iHerbで買えるおすすめサプリ!

栄養管理の基本は「食事から」です。しかし、忙しい毎日の中で「管理された食事」を目指すことは、精神衛生上よくありません。
最小限、「サプリに頼っても良いのでは?」と考えています。

まず、食事の延長線として考えて欲しいのが、プロテインとカーボパウダーです。プロテインはタンパク質、カーボパウダーは糖質ですので、トレーニング後の摂取で「速やかな回復と筋合成」を促すことができます。

【ホエイプロテイン】

【カーボパウダー】

次に、ベースサプリメント。運動習慣のある人は多くの栄養を消費しますので、意図的に栄養素を摂取する必要があります。特に重要だと考えているのが、マルチビタミン&ミネラルとフィッシュオイルです。

【マルチビタミン&ミネラル】

【フィッシュオイル】

最後にヘルス・オプショナルサプリメント。

栄養補助目的ではなく、プラスアルファの効果を狙って摂取するサプリメントです。必須ではありませんが、BCAAは筋肉の成長を促し分解を抑制しますし、プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)はトレーニングの質を保つことにつながります。

【BCAA(分岐鎖アミノ酸)】

【プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)】

プレワークアウトサプリ(NO系サプリ)に馴染みのない方も多いかと思いますが、単純に説明するなら「(すごく)効果のあるエナジードリンク」だと考えてもらえればよいかと思います。

※60ドル以上で佐川急便・ヤマト運輸の送料が無料です。
※合計15500円を超えると関税がかかります。

今、とにかく安いのがマイプロテイン

【コストパフォーマンスに優れたプロテイン】

コメント

  1. 本山 より:

    カロリー計算始めてあらためて思うのですが、ベースサプリメントは必要な栄養素を的確に無駄なく補給出来て便利ですね。

    • TS@筋肥大渇望人 より:

      本当にサプリメントは偉大ですよね。2週間ぶりに筋トレと食事管理を再開したのですが、マルチビタミン&ミネラルを摂取しただけで”カロリー制限が楽になる”ことは身にしみて実感しています。